タブレットで算数 RISU算数をお試ししてみました その1

RISU算数ってご存知でしょうか。
実は、今、お試しで使っているので、ご紹介させてください。(記事の終わりにこの記事をご覧いただいた方向けの人数限定!RISUお試しキャンペーンのご案内もありますよ。)
算数の学習専用のタブレットなのですが、特筆すべきは無学年制であるということ。
学年にとらわれず、先取りできる、しかもタブレットでというのは、問題集やプリント管理をしなくてすむので、個人的にはとても助かります。

スポンサーリンク

まずは実力テストをミスらないように

↑は届いた時に、小1の長男が画面チェックをしていた時に撮影したもの。
(この画面は、アドバンスモードといって、中学受験の基礎を学ぶもので、こちらは高学年コースが終わると進むことができます。)

RISU算数では、まず自分の実力を診断して、スタート地点を定めるところから始めます。
このテストがすごーーーく大事!
何問も分野をまたいで解くテストなので、少し面倒くさいかもしれませんが、ここは頑張り処です。

というのも、RISU算数は、1カ月あたりの平均学習ステージ数によって利用料が決まるんですね(月額は、基本使用料2,480円+利用料)。
だから、このテストで間違えてしまうと、仮にミスだとしても、スタート地点が簡単なところになるだけではなく、支払う金額にも違いが出る可能性があるわけです。
なので、操作は慎重にするように長男によくよく言い聞かせました。
テストの結果、長男は2桁+1桁のたし算の簡単なのからで、だいぶ戻ったかな?とちょっと思ってしまいました(長男は2桁と2桁の足し算引き算、繰り上がり繰り下がりありまでは大丈夫)。
図形とかは2年生の範囲の内容を知らないので、その辺も影響したかもしれません。
(テストで習ってないところは「習っていない」と答えます。)
解いた問題はほとんど間違えてなかったと思うんですけどね。
ただ、一方で、本人がサクサク気軽に取り組めるラインだったかなとも感じています。

豊富な問題量でゲーム感覚で取り組むうちに力に

長男がこれから取り組もうという単元なので、星印が何もついていませんが、1つのステージが25の問題コーナーで構成されていて、1コーナーは1~3問くらいでしょうか(低学年コース序盤の場合)。
全部で94ステージ、合計約10000問用意されているそうです。
RISU 算数 / 教材・学習の様子

サクッと採点されて、すぐに正誤や点数が分かり、1コーナー終えるごとにポイントがたまります。
このポイント、商品に交換できるんですが、かなり貯めないともらえません。
でも、長男を見ていると、少しずつでも確実にポイントが貯まっていくのが嬉しいようでしたね。

簡単なところだったのもあって、ノリノリで「よっしゃー!」とか言いながら解いていく様子を見ていると、長男にとってはゲーム感覚なんだなと感じました。

飽きさせない工夫

始めは調子よく進んでいたけれど、それで飽きてしまうというケースもありますよね。
そこにも手が打たれていて、スムースにコーナーをクリアしている時に、オニモードというちょっと難しい問題が突如現れる時があるんですね。
長男が初めてオニモードに出くわした時、「何これ~!」と喜んでいました。
今のところ、オニモードでも簡単なので、天狗になってましたが(笑)

ステージ内のコーナーをクリアすると、何ヶ所かでカギがもらえます。
そのカギをいくつか使って、スペシャル問題をもらって解くことができるという仕掛けもあります。

スペシャル問題といっても、ちょっとひねった程度なので、嫌になることなく取り組めるのではと思います。
こちらはパズル系、ちえ系の問題をそろえてある感じでしょうか。
スペシャル問題も少しずつ難しくなるのかな。

個人的にもっともありがたいのは、複数単元を同時進行で学習できるという点。

こんな風にステージ(単元)がマップになっていて、計算を進めていて飽きたら、形をちょっと進めて…というように、ひとつの単元にしばられることなく学習できるのがいいです。
好きじゃない単元もいずれゴールするためにはやらないといけないんですが、子どもですから「これやりたくないな~」って時もあると思うんです。
そんな時にその単元を無理矢理終わらせないといけないのは、子どももやらせる親もちょっとつらい。
気分転換のような感じで、他の単元を使う事が出来るので、おおらかな気持ちで取り組めそうです。

そして、時々、チューターの先生(東大、早稲田、慶応などの学生講師)のコメントや豆知識の動画が送られてくるのが、どうも嬉しいみたいです。
先生の動画、スタディサプリなどを見慣れていると、ちょっと初々しさというか素人感というかがありますが、子どもは自分に向けられたメッセージがとても嬉しいようですね。
つまずいた時にはピンポイント解説動画なども、学習履歴等から判断して送ってくれるようです。
RISU 算数 / データに基づく的確な個別フォロー

長くなったので、「タブレットで算数 RISU算数をお試ししてみました その2」に続きます。

ハピ勉したい!をご覧の皆様へ

人数限定でRISUお試しキャンペーンをご案内できることになりました。
RISU公式サイトからでは、お試しではなく即正式なお申し込みになりますが、下記リンク先からクーポンコードを入力の上お申し込みいただくと、1980円(送料・保険料として)で1週間お試しができます!
ご興味のある方は下記リンクより詳細をご確認くださいね。
ハピ勉したい! 限定キャンペーン情報


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください