10月から公文式が27年ぶりの値上げかあ…

ネットニュースで見た、公文式の会費値上げのお知らせ。
2018年10月から値上げになるそうですね。

現状と比較すると、1教科あたり
小学生 6480円 → 東京・神奈川 7560円(他地域 7020円)
中学生 7560円 → 東京・神奈川 8640円 (他地域 8100円)
高校生 8640円 → 東京・神奈川 9720円 (他地域 9180円)
と、東京神奈川で1080円、他地域で540円の値上げ。

これ、1科目の金額なので、小学生で2科目受けようと思ったら、10月からは15000円を超えてしまうんですねえ(私の住まいは東京)。

国語はとても良いと聞きます。
算数も繰り返すことで、計算が早くなったり定着したりということもあるでしょう。
そして、幼児からスタートでき、また、学年にとらわれることなく、先へ進めることもメリット。
中学受験前には公文に通っていたという子も結構いますよね。
また、近所の子どもたちの学習のベースになっているような、古くからある教室もあると思います。
我が家はご縁がありませんでしたが、公文のおかげで学力をつけてきた子たちもたくさんいますよね。
≪過去記事≫
1年前 「公文は無理ですね」と言われた長女

春休みだけ寺子屋に来た3年生がいるんですが、普段は公文に通っているから、さらに追加で寺子屋に来る時間とお金はないとのことでした。
本当は公文で国語も習いたいけれど、金額が倍になってしまうから算数だけと言っていたママ。
たった1000円ととらえるか、1000円もととらえるか。どうされるのかな…。

今は、市販教材も充実していますし、授業動画も無料で見られます。
でも、個人的には対面指導でないと得られないものもたくさんあると思っていて…。
家庭で教育費をどれだけかけられるかっていうのも悩ましいところですよね。
これから、公文式に限らず、塾ってどうなっていくんだろう…とちょっと考えてしまいました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください