四谷大塚から書店で買える計算ドリルが出た 「一歩先を行くリーダードリル」の<算数>計算

教えていただいて知ったのですが、四谷大塚出版から一般書店等で購入できる、計算ドリルが出たんですね~!
その名は「一歩先を行くリーダードリル」の<算数>計算
小1~小6までそろっていますよ。

近くの書店にはなかったのと、大型書店に出向く時間がなかったのと、小1長男がどうも小2の計算に乗り気でないのとで、中身もチェックせずにネットで買ってしまいました(笑)

スポンサーリンク

小1長男が算数に関して今までやってきたこと

昨年度1年間は、とりあえずあまり私が手をかけずに、少しでも楽に学べるものがあればということで、長男はスマイルゼミに入会、小学1年生コースを受講しました。
当時、年長だったので、1年先取りした形です。数が好きな子なので、小1のならなんとかなるかなと始めたのですが、実際、小1の算数は何の問題もなく、楽しく終わることができました
スマイルゼミの中の計算ドリルが、決められた問数をどれだけ早く解けるかという作りになっていて、自動採点なのも手伝って、自分でどんどん進め、2桁と2桁の計算くらいは暗算でできるところまで勝手にいきました。
これは本当にありがたかった!スマイルゼミにはとっても感謝しています。(今はスマイルゼミは退会しています。詳しくはまた後日。)

せっかく理解も進み、スピードもある計算なので、維持させたいと日能研のマスター1095題 1年 一行計算問題集を導入。 とはいえ、始めからさせるのは退屈だろうと、半分よりちょっと後ろくらいからスタート。
1日3問でいいのですが、私がほとんど見てあげられない日々だったので、勝手にバンバン進めてしまいこれも終了。
それなら2年生のをさせてみるかと、栄光ゼミナールなどでも使われている、ジュニアトレーニング計算の小2に手を付けました。こちらはお友達のお下がりだったので気楽に取り掛かったのですが、頑張ってやってはいるんだけどなんだか楽しそうじゃない…。

とまあ、小1の計算だけは、かなりやってきている状態です。
そのせいで本人にちょっと飽きが来ていると感じてもいました。

リーダードリル計算の小学1年は いきなり計算式から

年中くらいの頃は、ぷりんときっずのいくつといくつといったような内容を、繰り返ししました。
数の合成と分解ですね。
そこに、図があることで、実物を動かしているのと同じように理解ができるという。
教科書にも載っていて、一般的には1年1学期で学習するのではないでしょうか。

今回、リーダードリルの小1と小2のみ入手しました。
リーダードリルは、いきなり数式です。
タイルや丸などの図はありません。
数字と実際の数の一致は、既に理解できているものとして問題が用意されています。
序盤で3項のたし算・ひき算や、□を求める問題なんかも式で出てくるので、自力で取り組ませたいなら、小1の計算は一通り済ませてから取り組む方がスムーズに進みますし、苦手意識が出ないように思います。
計算ドリルを何冊もやらせたくないなら、親がサポートしながら進めてもいいかと思います。
最初に取り組んだ時にできなくても、少し間をおいて解き直すのもいいですしね。

1回分の問題は裏表に印刷されていて、長男が明日取り組む14回目を見てみると、問題数は1桁と1桁の計算が30問、□を求める計算が6問、少し考える問題が大問として1問ある程度です。
途中の回にパズル系の問題のみのものをありますね。
予習シリーズっぽいのは、単元を4回学習したらその回に対応した確認テストが5回目に設けられている点。
全部で60回分あり、45回以降は筆算が入ってくるので小2の学習範囲となります。

親向けの解説アドバイス付きとありますが、解答にちょこっと一言二言載っているだけで、アドバイスといえるかどうかは微妙だなと個人的には思いました。
1回ずつのはぎとり式なので、使いやすいですよ。

少しだけ難しめの市販の計算ドリル

小1の計算ドリルは一通りやると、どれも似たような作りで、追加で買ってやらせるかというと、足踏みしてしまうこともあると思います。
計算は先取りして困ることはないですから、先へ進めるならそれもありです。
基礎からしっかりとくもんの小学ドリルの算数 小学2年生のシリーズで先取りするのもいいですよね。
が、長男のように先へ進むのにイマイチ乗り気でなかったり、計算でもちょっとひねられると分からなくなったりするなら、先取りする前にこのリーダードリルをやってみてもいいのかなと思います。

リーダードリルには、学習を終えたら貼るシールとその台紙となる厚紙カードがついています。
今までシールの類は一切興味がなかった長男ですが、なぜかリーダードリルは、「満点だったらシールを貼ることができる」というルールを決めて取り組んでいます。
シールを貼りたくてガンガンやっています…。
13回までは全て満点なので、超~嬉しそう。すっごく意外…。

リーダードリル計算の小1の後は…

リーダードリル計算の小1は、長男は1ヶ月で終わらせてしまいそうです…。
今までに長男は小1の範囲の計算をたくさんやってきています。
もう卒業しようよ…私はそんな気持ちです。
リーダードリルの終盤に2年生の内容が出てきているので、小2の計算を日々の学習に取り入れるいい橋渡しになるかな。

長男は、小2の計算をかじった時に筆算のやり方も覚えましたが、暗算でやっていたのをわざわざ書かないといけないので面倒だと感じるみたいなんですよね。
別にやり方がわかっているなら、暗算してくれても全然OKなんですが。
さあ、長男はどうするんでしょうか。

今は短時間でサクサク終わらせているのですが、小2の計算となればスピードが出るようになるまでまた少し時間が必要かと思います。
そう考えると、この後にリーダードリルの小2をさせるのは、長男にはちょっと早い気がしています。
長男の場合、計算は慣れから出来ますが、算数が同じレベルでできるかというとまだまだ。
算数の問題で、どう計算を使うか、もっと考える問題に触れてほしいと思っているんですね。
それが全然足りていないので。
ですから、小2の計算は焦らず、一旦分量を減らして確実に出来るようにし、計算ではない算数(文章題や図形)、思考力問題に触れる時間をしっかりとりたいと思っています(とれるのか~?)。

ですから、次はやっぱりまたこちらに戻す予定。

長男、マスター1095題、なぜか好きなんですよね。
前半に(  )の使い方や長さやかさの単位を含む計算も出てくるので、こちらが教える場面も出てきます。
立ち止まって考えることができるし、いいかもしれません。
本人は九九を覚えてさっさとかけ算にいきたいみたいです。
どうなるかわかりませんが、様子を見ながら計算の先取りの応援をしようかと思っています。

まずは、リーダードリル計算の小1、しっかりやり切ってほしいですね~♪


リーダードリルの漢字も出ていますね。
こちらも小1、小2を入手したので、中身をよく見てから記事にしたいと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. はぴ より:

    こんにちは。
    いつもハピ勉!すごく参考にさせていただいてます。
    アクセス進学へ寄稿されているコラムは素晴らしくて
    教科書、読むようにしましたし、連休には、教科書に載っている
    問題をさせました。

    うちの娘も長女ちゃんと同じ早生まれ。しかも低体重児でした。
    幼稚園のときは、しーままりん様と同様(長女ちゃんとはレベルが違いすぎますが)
    に、運動会、マラソン大会、かけっこのときは、まったく出来なくて
    なんども怒りまくってました(ごめんね。娘)
    小学校入学タイミングで引っ越しして、幼稚園のお友達とは離れたのですが、
    入学先の小学校では、びっくりしたことに運動が出来る子なんです(環境なんですね)

    しかしながら。勉強はことごとく・・・。
    1年生からほそぼそとママ勉をしていますが、成績が悪く、
    学力テストでも、国語は平均、算数は平均点を10点も下回り、
    3学期成績表では算数に三角が1つつきました(泣)。

    私が働いているので、平日はほぼ学童、
    休みの日は習い事(ピアノ)で、
    宿題をさせつつ、ママ勉で、計算や漢字などを少しですが
    やって(私は見ているだけです)、9時半に寝かせるのが限界です。

    娘の様子をテストなどを見てみると
    圧倒的に勉強の時間が少ない(足りない)のを実感。
    だけど、仕事をしているため、なかなか・・・。
    チャレンジやZ会などもお友達から進められましたが
    溜まるのが目に見えているため手をだしてません。

    仕事をやめることを何度も考えたり、
    近所の学研(長女ちゃんも行かれてましたね)や個別指導塾に放り込もう(月謝も安いから成績は上がらないと思いますが、宿題もみてくれるため平日、ゆとりができます)かと思ったり・・・・。
    しかし、娘の様子を見てみると、
    ほそぼそだけどママ勉がいいようなカンジがするんです(なんとなくですが)
    学研や塾などで、勉強を外注するのはまだ先で、
    今はチカラを貯めておくのでは?とモヤモヤしながらカンジています。
    でも、実際には手遅れになるのかもしれませんが。

    問題集や通信教材もたくさんありすぎるし、
    私のママ勉の方向性が間違っているから点数がのびないのか?
    思うことたくさんありますが、
    しーままりん様の今回の2回目のコラムと、コメントのお返事を拝読して
    しばらくはこのまま様子を見てみようと思いました。
    低学年のうちは学童でもまれて、少しのママ勉でいこうかな~。

    これからも楽しみにしています!
    いっぱい教えてください。

  2. >はぴ様
    はじめまして。コメントありがとうございます。
    アクセス進学に掲載中のコラムもご覧いただいているとのこと、とても嬉しいです。

    幼稚園時代のお話をうかがい、両手で握手ブンブン、ハグハグしたい気持ちです。
    お気持ち、とてもよくわかります。
    私自身、周りの出来に焦り、長女を急かし、うまくいかなくて泣いたり…とてもしんどい時期でした。
    娘さん、環境の変化もあって、運動ができる子だったとわかったんですね!
    運動ができると、体力もつき、ストレスの発散にもなり、先々良いことが多いと思います♪
    よかったですね(o^―^o)ニコ

    さて、一方でお勉強の方が気になるとのこと。
    コラムをご覧になってもう少しママ勉で頑張ってみようかと思ってらっしゃるんですね。
    ご注意いただきたいのは、私は塾を否定しているわけではないということです。
    塾に行く前にやれることをやっておいたら、その後は家庭学習だろうが塾だろうが軌道にのせやすいよということなんです。
    その点はご理解くださいね。

    娘さんの学年がわからないのですが、まだ低学年なのかな。
    そして、はぴさんから見て、ママ勉がいいような感じがするんですね。
    それなら、ご自身の直感を大事にされるといいと思います。
    低学年ならまだまだ親が十分サポート可能です。
    塾に行かせても、塾の宿題のチェックも出て来ますから、親の負担ゼロというわけにはなかなかいかないですしね。

    そこで、ママ勉を継続されるなら1つご提案。
    学力テスト(塾の公開テストのようなものではなく、学校であった範囲が広めのテストという解釈でいいですか?)で、国語は平均、算数は平均より10点下とのことで、せっかくママ勉を続けるなら、ここにテコ入れしてみませんか。
    というのは、算数は積み重ねの教科です。
    2ケタ同士のかけ算はできないけれど、3ケタ同士のかけ算はできる…というのはちょっと考えにくいんですね。
    そして、それが連なっていくと解消するのに複数学年さかのぼらないといけなくなってきます。
    そうなる前に、計算だけでなく、算数を家庭学習に取り入れてみてはと思うんです。

    今の勉強時間よりもう少し長く確保できませんか?
    計算も大事なので今まで通り取り組みつつ、文章題や少し考える問題を一緒にやってみてはと思うんです。
    ただ勉強が増えるだけというのは途中で嫌になるかもしれないので、テストで点を取れるのも大事。
    そこで、教科書に載った問題をやるだけでなく、教科書準拠の問題集に取り組んではどうでしょう。
    学力テストで平均取れていないようなら、個人的にお勧めは「教科書ぴったりテスト」です。
    https://amzn.to/2jDtiVr
    教科書ごとに出ていますから、よかったら書店で見てみてくださいね。
    学校のカラーテストの日よりも前に、この教材をやり切っておくと、学校のテストにも自信をもって取り組めると思います。
    この1冊を繰り返すつもりでぜひ。単元ごとには数ページなので、できそうな気がしませんか?
    それに、まとめのページもありますから、学校で習ってしばらくしてから定着度の確認をするのにも使えますよ。

    今と同じ学習量では、今後、成績や理解度が今より下がってしまう恐れがあります。
    はぴさんもお忙しくて大変とは思いますが、後から親子でもっと大変な状況になるのを避けるためにも、教科書準拠の問題集によかったらチャレンジしてみてくださいね。
    (近々、長女に関して、「こうしておけばよかった」と後悔していることについて、記事にする予定です。よろしかったらご覧ください。)

  3. はぴ より:

    しーままりん様
    さっそくの愛情あふれるアドバイスありがとうございます~!
    まるで透視能力があるかのようなアドバイス☆感謝感激です。

    娘は小学2年生です。
    幼稚園時代は、工作も絵も運動もすべて下手&ビリ。
    回りからは赤ちゃん扱いされて、私もそんな娘に、私もイライラして怒りぶちまけるみたいな。しーままりん様のかつての長女ちゃんのブログ記事を拝見し、私だけじゃなかった~といつも思っていました。

    ママ勉について、まるで担任の先生、いや、それ以上のアドバイス
    ありがとうございます。寺子屋、近かったら行かせたいですよ。

    今は、教科書ガイドと、陰山先生の算数上級(しーままりん様のブログで知ったアクセス進学で寄稿されている先生のブログで紹介されていました)で算数をやっています。

    もう少しママ勉の時間を増やすのが理想ですよね~。
    本人は、私が横に張り付いていれば勉強は苦にならないような感じです。
    私が仕事のときだけ、学童代わりに先生1人に生徒二人という
    個別塾に行かせてみようかな。それとも学研(近く公文もありますが)に通わせてみようか・・・。
    本気でそう思ってきました。
    さっそく見学に行って、先生の話を聞いてみようかと思っています。

    ママ勉でやるのが一番ですが、やはり勉強は、ある程度の量が必要ですね。
    土日は、主に体験モノに家族ででかけています。
    お野菜の収穫体験とか、~づくり体験とか。
    それも少なくして、ある程度は勉強のための時間を確保する必要がありますね。

    長女ちゃん。よかったですね~。
    塾に行って勉強モードになって!すばらしすぎます。
    さすが!しーままりん様の長女ちゃん。
    ぜひ、やっていてよかったこと記事、楽しみにしています。
    アクセス進学のコラムもとてもためになるため
    これからもたくさん教えてください!!!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください