スタディサプリ様様! 我が家では中学受験塾の春期講習の予習に大活躍!

中学受験塾の春期講習を甘く見ていたわけではなく、私のすっとぼけで講習5日前に絶望的な状況だと気付くというとんでもない事態に…ということは昨日の記事に書きました。
≪参考記事≫
中学受験塾の春期講習 5日前から大わらわ ≪長女小4≫
まさかまさかの…中学受験塾 長女は春期講習へ

その時に、2科目受講とはいえ、講習でやる算数の範囲の基礎だけは触れさせたい…と思いました。
ただでさえ、出来る方ではない長女。
しかも、新しいことに意欲的に取り組むタイプでもなく…下手をすれば「わからない~!」と授業内容をシャットアウトすることも考えられたからです。
せっかく講習に出るなら、何かを得て終わってほしい…。

通う塾は四谷大塚準拠塾です。
ああ~、買っておいてよかった…予習シリーズ(ほとんど中古だけど)。
何やるの?どれくらいのレベル感なの?というのだけでも、情報があるというのは助かります。
なぜ我が家に予習シリーズがあるかって?
今、寺子屋に来ている1年生が中学受験するかもしれず、情報として知っておきたかったことと、長女が少しでも基礎に上乗せできる問題はないか見たかったからです。
中学受験しないからといって、中学受験用のテキストを使っちゃダメなんてことはないですものね。

ただ、全てを私が教えるのは、いいこともあれば悪いことも。
ポイントをしぼって教えられるのはいいのですが、塾では集団授業
集団授業では、自分のペースで進めるというより、まずは集中して聞く力が要求されますよね。
うーん、長女…集中力ないんだな~。
以前体験した塾の記憶があるとはいえ、受験塾とは別物。
とすると、難しい内容の授業がどんな風に進んでいくのか、疑似体験させたいと思いました。

そこで!やっと小4になったので使える!と思い出したのが、スタディサプリ(以下スタサプ)! 

まず、長女がなんとか取りかかれそうな、かけ算わり算の授業チェックから。
受験塾の授業に対応するには、小4応用講座をやるしかないです。
それでも、カバーされるのは、基本問題から易しい一部の練習問題まででしょうか。
でも、長女には十分。
初めての内容に触れて、いきなり問題をサクサク解けるほどの力があれば、今までこんなに大変な思いはしてません(笑)

一番困るのは、「こんな難しいのやりたくない」「授業動画、見るのいやだ」と言い出すこと。
なので、スタサプに取りかかる前に、「初めて習うことだし、わからなくてもできなくても、後でママも一緒にやるから安心して。でも!ちゃんと先生の話をわかろうと思って聞いてね。その気持ちがあると、『わかったかも!』と言える問題が増えると思うよ。」と伝えました。
今の長女は、わからなくてもいいんです。わかろうとしてさえくれれば。投げ出さずにいてくれれば。

長女は、応用講座のテキストにメモを取りながら、頑張って聞いてくれました。
(応用講座のテキストは、ダウンロードしてプリンターで出力です。)
1つの講座が、15分程度のチャプター4つから5つで構成されているのですが、後半のチャプターは難易度が上がります。
だから、全てのチャプターを見せずに、2つか多くて3つでおしまいにしました。
その先までやっても、長女にはお手上げレベルだからです。

やっぱり難しい…半泣きになりつつ問題を解く長女。
「そうだよね、そうだよね。でも、あなたが行きたいといった講習では、これ以上のこともやる。しかも、周りの通塾生は既に授業と問題演習を1回終えた上で、講習に参加するんだよ。だから、少しでも知っていることを増やすために頑張ろう。」
自力ではもちろん解けないです。
いかんせん、1ケタ計算や九九をよどみなくアウトプットできるように…といった練習をしている段階ですから。
でも、ヒントを出しつつ、最後まで導くと、「ほお、そうか…」。
次はヒントを減らして…と付き添いました。
それでも、基本問題も自力では解けないものが多いまま。

意外だったのは、「角の大きさ」の単元で、対頂角、同位角、錯角を覚えると、どことどこが等しいか探すのが楽しくなったらしいこと。
この単元は、3回目くらいで基本問題は半分以上、自力で解ける問題になって、本人も嬉しそうでした♪
図形が苦手な長女なのに、不思議なものです。

そして、スタサプをさせて収穫だったのが、息抜き代わりにやりたいと長女が言った国語の授業にハマったこと。
文章の中のどんなところに着目して、問題を解いていくのか…という指導を受けたことは、ほとんどなかったと思います。
今まではどうしても遅れがちな算数に時間を取られていたので。

結果、長女はスタサプを活用した勉強を、とても気に入ったようでした。
特に国語の山崎先生を、「かわいい(←そこか(^-^;)」「わかりやすい」「関西弁が好き」と長女は大絶賛♪
嫌いな算数も、応用の繁田先生のスピーディな授業展開に食らいついていたのは、予想外でした。
(長女の今までの学習内容の習熟度では、途中で授業動画を止めて補足説明が必要な部分もありました。)
個人的には、繁田先生の淡々とした感じ、嫌いじゃない。むしろ好きです。煽られる感じがないので、落ち着いて聞けるからです。
算数基礎の尾﨑先生も、「じいじにちょっと似てる♡」と好印象。
なんでもいいです、いいイメージ、大事ですから(笑)

そんなわけで、スタサプを活用しながら頑張ることになったのでした。

つづく…


4/11からスタディサプリでは、「春の新学年スタートダッシュキャンペーン」と題して、先着5000名に通常の14日間無料体験にプラスして、2000円のキャッシュバックをするそうですよ♪
(キャッシュバックには条件等ありますので、詳細をよくご確認くださいね。リンク先に飛ぶとキャンペーンコード等、詳細がわかります。)
さらに、中学講座は4/25まで中1・2・3年生には問題集1冊プレゼントキャンペーンのW適用だとか。
そうそう、4/27までは1冊1200円のテキストが全品15%オフで購入できます

この機会にぜひお試ししてみてはと思います!
私は個人的に好きな理科応用の相馬先生の授業が好きです。
理科が好きな長女に、早く見せてあげたい♪


スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください