まさかまさかの…中学受験塾 長女は春期講習へ

塾に行きたいと長女が言っているという話や、塾にちょっと通ってみたけれど宿題の形式が合わなくて通わなかった話を以前書きました。
≪関連記事≫
長女が塾に行きたいと言い出した その1
長女が塾に行きたいと言い出した その2
塾に行きたがっていた長女が 2週間の体験だけで塾をやめた理由

それで、長女の塾の話は終わったかな~と思っていました。
春休みは、寺子屋の子たちと一緒に、3年生の復習をしっかりすればいいと思っていたのですが、そうはいかなかったんです!

スポンサーリンク

本当はお友達と同じ塾に行きたかった

長女と同じクラスのKちゃん。
小1の頃は、長女と同じ学研教室に通っていました。
が、小3の夏、学校で会ったKちゃんママが「学研に通わせているのに、学校の宿題でポロポロ間違えちゃっててどうしたらいいかしら」なんて言っていたんです。
そのうちに、Kちゃんは学研と地元の受験塾をかけもちすることに。
そんなKちゃんから、「長女ちゃんと一緒に塾に行けたらいいな~」と言われたそうです。

長女がやたらと学研に戻りたいと言うのはそういう背景があったのかと。
ただ、Kちゃんママに聞いたら、地元の受験塾、当然学習時間もたっぷりだし、お値段も高い。
宿題も大変なので、学研との掛け持ちはやめたと、Kちゃんママからほどなくして聞きました。
じゃあ、一緒に行くとなると受験塾?聞けばそこは四谷大塚準拠塾だというじゃないですか~。
当然、授業の進度も早いですし、長女なんかおよびじゃない。
中学受験しないのに…っていうか、1ケタ計算や九九のやり直しをしている長女が受験塾って…鴨ネギじゃないの…。

なぜ私は塾に行ってはだめなの?

もともと長女とKちゃん、ほとんど学力差はありませんでした。
今も学校の勉強だけ見ていたら、そんなに差はわからないかもしれません。
ただ、積極性や書く文章など、精神年齢はKちゃんの方が高いと感じていました。
だから、受験塾にも適応しようと頑張れているのかもしれません。

長女に「あなたにはどうせ無理だから」「あなたにそれだけの力はないから」とは言いたくない。
これからどう伸びるか分からないのに、可能性を否定するようなことは言いたくない
でも、現状を無視して簡単に受験塾に通わせてあげるとも言いたくない。
どうしたら「まだ受験塾に通うだけの準備があなたにはない」ことを理解してもらえるかと、いろいろ話してみたのですが、これがなかなか…。

長女とたくさん話をしてみたのですが、Kちゃんが受験塾に通えているのに、自分は通えない決定的な理由というのがわからないようでした。
長女は、学校にいる限り、Kちゃんとはあまり学力差を感じていないのだと思います。
たまたまそういう場がなかったか、長女が鈍感で気付いていないのか(^-^;

「私、頑張るから!どうして塾に行っちゃだめなの?」
長女、繰り返し言うんです。
ここまで必死に食い下がってきたのは初めてでした。

「勉強したいなら応援する」という姿勢を示すためにOKを

しーままりんやパパは、「長女ちゃんがやりたいなら、応援するよ」といつも言ってきました。
それなのに、長女の気持ちはすぐに萎えてしまって、どうやって練習させるか、やらせるか、結局親がお尻を叩かなくてはならないはめになることが多かったです。
でも、これだけ「塾へ行きたい」と言うのなら、撃沈しようがどうなろうが、行かせてみて、親が支え切るのも手かと思うようになりました。
劇薬ですよね~!こんなの!

ただ…私の決心がつかないんです。
クラス分けがあるとはいえ、受験塾。
下のクラスでもついていけないだろうことはわかっているのに、何万円もかけて、さらに私がパワーをかけて復習しても、長女が「やりたくなーーーーい」となる恐れもあり。
その時に「やり切るって約束したよね」と、冷静に最後まで引っ張っていけるのだろうか。
そして、ただやり終えるだけでなく、いくらかでも長女の真の力になる学習にできるのか…そう考えると、自信がなくて。

思い返せば、勉強に関しては、何度も落ち込んできました。
ここでまた撃沈したところで、相手は受験塾。
高い授業料でも、「たくさん勉強している子がいる」「スピードも難しさも学校とはけた違い」など、受験塾とはなんぞやがわかれば、長女も「本当に塾に通いたければどうしたらいいか」考えるのでは。
それはただ「今はだめ」と言うより得るものが多いのではと思い直しました。
撃沈しまくってきたので、もう1回叩きのめされたところで、また這い上がればいいやと私も腹が括れたかな(笑)

そんなこんながあり、塾の春期講習に行かせるにあたって、長女とした約束は3つ。
・途中で投げ出さず、どんなに難しくとも量が多くとも、宿題はやり切ること
・春期講習では、先生の授業は一言一句聞き逃さない、その場で理解するつもりで聞くこと
・わからないことがあっても、ママと一緒に学び直しや解き直しをすること
何度も確認して、パパに出資をお願いし、春期講習に通うことになったのでした。


すっごい無茶ですよね~。
無茶だと私も思います(笑)
春期講習、まだ日程が残っているのですが、講習前にまたすったもんだがありまして。
この話はまた今度…。

まさかの数万円のまとまった出費。たまたま個別指導の代講依頼が入り、カバー出来ました。
春期講習代(出)を春期講習代(入)で補うって…なんかシュールだ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください