「楽しい!もっとやりたい!」 小1の計算にもどったからこその長女の言葉

長女の朝学習、昨日の朝はできませんでした~。早々とお恥ずかしい話ですが。
朝に弱いのと食べるのが遅いのが理由です…(^-^;
でも、この前記事にした、漢字と一桁計算のプリントのことは、長女の頭の中にやるべきこととしてあるようです。
≪関連記事≫
どんなに長くても10分で終われる! 長女のための朝学習

朝やれなくても、夜の勉強時間に、「まだ計算と漢字のプリントやってない」と自分でやってくれました。
昨日は「このプリントは楽しい!本当はもっとやりたい!」と。
計算大嫌い!算数大嫌い!と毎日のようについこの前まで言っていた長女なので、心底ビックリしました。

スポンサーリンク

もうすぐ小4の子に小1の計算をやらせる勇気

寺子屋の子には、目に見えて理解不足というケースも少なくなく、学年さかのぼりは普通に取り入れています。
が…、計算で小1の繰り上がり繰り下がりなしの計算までさかのぼったケースは、わが子が初めてでした。
1桁の計算に異常に時間のかかる子はいなかったのです。

正直、もうすぐ小4の長女に、小1の繰り上がり繰り下がりなしの計算にさかのぼってやらせる…この決断がなかなかできませんでした
やらせよう!と決めたつもりでも、「いや、これくらいやらないで、2年生の2桁の計算を続けていればいずれ計算スピードが上がるのでは?」と、根拠のない楽観的な思い込みに流れかけたことも。
でも、中学入学まであと3年
やり直すなら早い方がいいというのはわかりきったこと。
腹をくくったつもりだったくせにまだ無駄な見栄を張るのか、そのために無駄な時間を過ごすのか…と甘い考えを自分の中で潰しました。
というか…やっと潰せました。

わが子がいかにできないかを受け入れるのは、やっぱり苦しいです。
試行錯誤しつつ、失敗しながらも、家庭学習に重きを置いてきたのに、成果に結びつかないというのはやはりツライ。
でも、現状から抜け出すには、現状の正しい認識がなくてはできないんですよね。

一桁計算と九九を徹底して繰り返し

3学期もこの時期になると、学年の総復習的なドリルページが宿題になることがあります。
すると、桁数の多いかけ算も宿題に。
せっかくなら、九九もスピードを上げてしまいたい…。
そうすれば、足し算引き算だけでなく、かけ算も少し楽になる可能性が出てくるから。
(わり算はスピードアップまでさらにかかるので、ちょっと置いておいて。)

そこで、長女に九九プリントを追加することを長女に相談すると、「これならいいよ~」と。
段ごとの九九プリントです。
ぱっと見「簡単!」というレベルの物なら、「やってもいいかな」と思えるものなんですね。
ちびむすドリル 小学生 小学2年生の算数【掛け算の導入(一段ごと)】 練習問題プリント

ここでも焦りが出て、【九九(すべての段混合)】 練習問題プリントからやらせたい気持ちがムクムクと。
でも、グッと我慢。
一段ごとの九九のスピードが回復してから、ランダムな出題に変えた方が、本人も自信がついていいだろうと。
急がば回れ、ですね。


スポーツクラブか何かで見た言葉に、確かこんな言葉がありました。
「焦らず、たゆまず、諦めず」
正確かは自信がないですが。

小1のたし算ひき算までさかのぼった長女が、どれくらいかけて周囲に追いつくのか、それとも追いつけないのか、それは分かりません。
でも、算数の土台の立て直しは、今から取り組むのがベスト。
「焦らず、たゆまず、諦めず」という言葉を、心に留めながら長女に寄り添っていこうと思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ママ子 より:

    お久しぶりです。しーままりん様を崇拝しているママ子です。うちの長女、中学受験終わって、桜が散りました。この世の終わりみたいに凹んでいたのですが、バカ根性でやっとこさ立ち直りました。久しぶりにしーままりん様のところに来たら、長女ちゃんへの葛藤と学びなおしが読めて、本当に素晴らしいな、と、改めて心打たれました。

    うちの次女も3年生。もうすぐ4年生ですが、かなり行き詰っています。45点の算数のテストを隠されたり、隠れてお菓子を食べたり、9歳の壁と戦っています。勉強は、親が勝手に高望みし、すんげー難しいドリルを与え、絶望させるという鬼親っぷりでした。子どもに自分みたいな苦労をさせたくない、という思いで必死に子育てしておりますが、すべて間違いであって、現実に向き合っていない事を認識すべきは私ですね。

    反省しきりです。我が家も全教科ヤバいので、ゼロから始めます。

    今、ここに来て良かったです。いつもありがとうございます。

    • >ママ子さま

      お久しぶりです。
      お嬢さんとママ子さんの奮闘ぶり、ブログで拝見していたのですが、なかなかコメントできずにすみません。
      ママ子さん、崇拝なんてやめてください~!ただのフツーのおばちゃんです(笑)

      長女ちゃん、残念な結果だったとのこと。親子で頑張りましたよね。
      お疲れ様でした。
      私のママ友のお子さんも、結果はいろいろでした。
      でも、私の周りの残念だったお子さん、みんな既に前を向いています!
      ママ友も「やっと受検終わったのに、もう勉強するの?」と驚いていましたが、やはり無駄なことなんて何一つないんですよ。
      泣いてもまた強くなり、痛みを知った分優しくなって、大きくなるのではないでしょうか。

      そして、次女ちゃん、うちの長女と同学年でしたよね。
      次女ちゃんは、ムラはあれど、四谷のテストで偏差値結構出ているのですから、そんなに悲観しなくてもと思いますよ(o^―^o)ニコ
      うちは…偏差値30~40しか出ないですから(苦笑)
      それでも、私は長女の件で見栄を張りたい頃がありました。かっこ悪すぎ!
      でも、もう見栄の張りようがありません(笑)
      なので、長女の自己ベスト更新を目指して、中学入学まで並走、中学からは自学自習できるよう、寄り添っていけたらと考えているところです。
      ここに気づくまで長い時間かかってしまいました。

      お互い、いろいろありますが、頑張りましょうね!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください