長女にひたすら寄り添った夏休み ≪算数編≫

早生まれでマイペースで競争心がない子の親が感じるつらさって何だろうという記事を書いて以降、家庭学習…というより、まずは長女が宿題をちゃんと終えられるかが課題となりました。
毎日毎日、本当に宿題だけで過ぎていき、あっという間に終業式を迎えました。

そして夏休みに突入。
帰省が1週間と長かったので、自由研究や読書感想文のことを考えると、ワークを前倒しにして終わらせておきたかった私。
でも、1日1ページでいいじゃないと言い張る長女。
1ページだけじゃ毎日やったって夏休み中に終わらないっちゅーの!
1日当たり何ページ終わらせる必要があるかの説明からでした…。とほほ。

スポンサーリンク

計算にマイルールを適用していることを発見

長女の勉強に関しては、大量に間違うわけではなく、遅いことが問題でした。
だから、勉強時間は、ずっとついているのではなく、ちょこちょこ見るというスタイルで来ましたが、それだと間違いを後から指摘することになって「早く言ってよ」と長女の不満炸裂。
それで、べったりとつくようになりました。
うーん、ちょっと言いすぎ。
本当にべったりつくようになったのは、8月の後半からで、それまではその場にいたといった方が正しいかもしれません。

そばにいるだけでも、ちょっと長女は落ち着いて見えたのでそうしたのですが、ある日ドリルを解いている様子をじっくり見ると…んん~~~???
4桁・3桁の足し算・引き算を、頭から計算している!
なんか繰り上がり繰り下がりの数字のたて方が間違ってはいないんだけど…大丈夫?

長女に話を聞いてみると、頭からやった方が自分としては分かりやすいんだそうです。
私はそろばんをやっていたせいか、頭から計算するのが癖になっています。
繰り上がり繰り下がりも、頭の中で珠をはじいているので、メモする必要がありません。
1の位から計算するのだとまどろっこしくてしかたないのです。
が!長女はそろばんをやったことがありません。どうやって理解しているのか…。

学校のやり方がわからないわけでもなく、出来ない訳でもない。
でも、頭から計算する方がやりやすいのなら、それを尊重してみようと今は見守り中です。

計算が遅い理由は3つあった

長女のやり方を尊重するにあたり、さらに突っ込んで聞いてみました。
「前より計算に時間がかかっているみたいだけど、自分ではなんでかわかる?」と聞くと、「集中してないから」とか「一生懸命やってないから」とか抽象的な答えが。
そこはもう精神論みたいになってきて、それがコントロールできないから困ってるんだよな~と思ったので、もっと具体的な部分でなにかないか探ると…出て来ました…。

①1ケタ+1ケタといったごく基本の計算問題の処理が、1~2年生の時と比べて遅くなっている

学年が上がるとともに計算の経験値は上がるので、長女比で少しずつ計算スピードも上がるものと思っていました。
今まで見てきた生徒はみんなそうだったので。
ところが、長女は違っていました。
日々、小3レベルの計算問題に取り組んできているのに、新しいことの処理のために、計算スピードも削られてしまうようです。
さらに、基本の計算問題の練習機会がないため、土台となる1ケタ+1ケタといった超簡単な計算問題のスピードも極端に落ちているようでした。
そして、それは自分でも感じていると。

②計算練習で選んだ100マス計算が長女には合わなかった

計算スピードを上げるためには反復だ!ってわけで、100マス計算をさせたりもしました。
でも、一向に早くならないのです。
ぶっちゃけて言いますと、100マス計算1回やるのに初回は5分かかりました。
その後もだいたい3分前後。ずっとタイムが動かないのです。
100問では多いのかと50問にしてみましたが、いい変化はありませんでした。

簡単な計算問題を繰り返してスピードを上げようという私の考えはわかってくれています。
でも、100マス計算はやりにくくて嫌になってしまうと。
どうやら、100マス計算の縦軸と横軸を見て足すという作業が、長女には予想以上に負荷がかかるものだったようです。
本屋でいろんな計算ドリルを見せたところ、横型の式が羅列されているものの方が、まだ見やすいとのことでした。

③とにかく数に対する反応が鈍っている

ずっと見ていると、「書く」ということが今の長女には負担なのだと感じました。
それは今まで学習量が少なかったから手が持ちこたえられないのか、何か特性があるのか、それはわかりません。
でも、計算を「書いてさせる」ことに疑問を持つようになりました(学校のワークは書きますけれどね)。

そこで、1年、2年の時に使った計算カードを思い出しました。
心理的にもドリルや問題集に書いてやることが負担になっていて、「嫌だ!」となっているようなので、計算カードを使って口頭(+手)で計算を繰り返すことで、すこーーーーしでも負担が軽くなればいいなと。
計算カードってこれです、これ↓。

ちゃんと保管しておいたはず!なのに、いざ使いたい時にすぐに見つからなくて焦りました(^-^;
1,2年生のママさん、万が一のことを考えて、計算カードは捨てずにとっておいた方がいいですよ♪

まだ取り組めていませんが、長女は「ドリルじゃなくて、これならやってもいいよ」と言っています。
ひとつでも取り組んでくれそうなツールが見つかってよかった!

「これくらいできるだろう」を徹底排除 -覚悟を決めました-

私やっぱり、自分の子供に関して、現実を見つめていなかったんですね。
この期に及んで、まだ「これくらいできるだろう」って楽観視していました。
というか、そう思いこみたかったのかもしれません。

でも、事態は想像以上に深刻でした。
このままでは、中学に上がった時、計算問題すら解けなくなるでしょう。
今、わかってよかった。
まずはさかのぼって丁寧に、1~2年の計算問題を解くスピードを上げることに注力していきます。
腹くくったぜ!

計算カードは何がいいって、長男が口を挟むすきがないという点。
年長長男は2ケタ+(-)2ケタなどの計算も、小3長女よりずっと早いので、長女はドリルをやっているところを見られたくなかったのでしょうね。
学校のワークやドリルもノートに問題を写さなくてはいけない場合、私が横について問題を読み上げるようにしました。
すると視点を左右に写すことなく、書くことに集中できるみたいで、スムーズでした。
写すことの負担が軽くなったことで、計算もいくらか集中してやれるようになってきています。

2学期に入ってから、宿題に2時間もかけるなんてことはまだ起きていません。
ネットのどこかに載っていた、「『困った子』は『困っている』」だったかな、これを頭に置いて、長女に接するように気を付けています。
長女が何かで荒れ始めたら、「困っている」というサインだと。
何か助けたり変えたりすることで、楽にしてあげられるよう工夫が必要なんだと。

生徒にはそういう意識をもって接していたのに、なんで我が子にはできなかったんだろう。
長女にはかわいそうなことをしました。
1人で悩んでいただろうな。
「ねえ、ママ、そばにいてくれる?」
「必要だったら、いつでもそばにいるよ」
が、ここのところ、毎日繰り返される会話です。
毎日長女の学習の時には、隣にいて時に励ましながらやり切るようにしたら、長女も落ち着いてきました。
もっともっと手をかけるべき子だったんですね、長女は。

8月後半から、ずっとこんな感じでべったり長女についています。
それで見えてきたこと、たくさんありました。
たくさんコメントで「うちではこうしてるよ」と教えてくださって、それを複合技にして長女に適用した感じです。
今、こうして落ち着いてきたのは、惜しみなく実例をコメントでシェアして下さった方たちのおかげです。
本当にありがとうございました。

なんだか長~~くなったので、漢字の学習、読書感想文、自由研究については、それぞれ別記事にしたいと思います。
まずはここまで。


「コメントにお返事しました」という記事を書きました。
長い間、コメントにお返事できなくてすみませんでした。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. サユ より:

    はじめまして。
    小2の息子と年少の娘を育てているサユと申します。

    息子は、書くこと と 集中力に難があり、年長から毎日家庭学習に力を入れています。

    特に書き移すことが苦手で、小2の5月まではしーまままりんさんがされているように、隣で問題を読み上げてました。
    5月に「ボク、今どこを書けばいいのかが、わかんなくなっちゃうんだよね」と呟いたのを聞き、思い付きで「一問ずつしか見えないように切った厚紙」を枠として渡したら、次の日から自分で問題が書き写せるようになりました。

    また同じように、一桁ずつの計算も何故か一年の頃より遅くなってまして…。
    家では、100玉そろばんを使い始めました。手と目を動かしながらやるとイライラはしにくくなりました。

    でも、スピードは中々上がらなくて…。
    うちでも計算カード再開してみたいと思います。

    一人一人でやりやすいやり方は違うと思いますが、似た悩みでしたので思わず書き込んでしまいました。

    • >サユさま
      はじめまして。コメントありがとうございます。

      サユさまは、年長から息子さんの学習サポートをしっかりされていたのですね。
      正直、試行錯誤はしてきましたが、長女にかける時間、パワーが、親として足りな過ぎたと猛省中のしーままりんです。
      ブログの初期の記事にも書きましたが、プリントが嫌い、完全拒否という時点でもっと探っていれば、長女はもう少し楽に学習に取り組めたのではと思ってしまいます。
      が!過去を振り返ってもしかたないので、これからを充実させるべく頑張ります!

      そして、息子さんの言葉から厚紙をくりぬいて他の問題を隠すという方法、いいですね。
      このやり方、幼児教育を学んだ時に、視野に入れる情報を限定するとよいということで例としてありました。
      勉強したのに実際の場面に活用できない私って…(;´・ω・)
      今回、教えていただいて、「そうだった!この方法、幼児以外にも使えるじゃない!」と思い出した次第。
      本当にありがとうございます。
      早速、白い不透明な下敷きを購入して、下にずらしながら計算ドリルをさせるようにしてみました。
      紙だと、長女の場合、集中力が切れた時に落書きを始める恐れがあった(笑)のと、計算ドリルの形式によってくりぬいてしまうと使えない問題が出てくるためです。
      長女曰く、下敷きで隠すだけでも「今やる問題が光って見える感じがする」からやりやすいそうです。
      教えてくださってありがとうございます!

      集中力が持たない子は、手や口を使うと集中力が長く続いたり、戻ってきたりしますよね。
      長女は不器用だったのもあり、できるだけ手作業を取り入れるようにはしてきました。
      算数で実物を使って考えるのは好きですが、線分図やテープ図を自分で書かないのは、書くことの負担感が大きいからではと感じています。
      これは「図を書いたら分かる」と本人が実感するまで、書かせるのは無理だと思い、サポートに入っています。
      100玉そろばんは幼児期に我が家も使いました(今は長男が使っていますが、そろそろ卒業かも)。
      長女はごっこ遊びが好きなので、100均のおもちゃのお金も、何セットか同じ物を購入して、大きな桁の理解につなげるようにしました。
      今も計算カードだけだと飽きるようなので、おはじきで10の合成・分解を手品チックにやって見せたところ、「きゃー!かっこいい!」と遊ぶようになりました。
      長女は完全に算数嫌いになってしまったので、遊びでも数に触れてくれればOKと思って取り入れています。

      事例を教えてくださってありがとうございました。
      私も、また正直にブログにいろいろ綴っていきますね。
      これからも遊びに来ていただけたら嬉しいです。

  2. S.N より:

    ハピ勉、久しぶりの復活で嬉しいです。

    さすが、しーままりんさん!
    長女ちゃんの計算のやり方を認めてあげるなんて・・・
    すごいなぁと思いました。
    低学年のママ友のお悩みで、計算の方法って多いと思います。
    学校で習うものと違う、否定か容認か???
    家で容認しても、学校で否定されたり、私の周囲も悩む親が多いです。
    頭から計算するのって、インド式だそうですね。
    全然OKじゃないですか。長女ちゃんの頭の中は、それがやりやすいんですもん。
    割り切って、計算はインド式でやるのもいいかも!と思います。
    私は、習っていないのに、インド式を考える長女ちゃんがすご~い!!!と思いました。

    • >S.Nさま
      復活しました~!
      またゆるゆると綴っていきますので、宜しくお願いします。

      長女の計算の仕方については、最初叱ってしまったんですよ。
      でも、私も言われた通りにはやっていなかったなと。
      計算方法って学校のやり方一択ではないのだから、それに縛られる必要はないと思うようになりました。
      主人にそう指摘されて、思考の柔軟性って大事だと痛感…。
      だから、「自分のやり方でもいいから、どうしたら正確に速く出来るようになるか、工夫してみること」と「学校のやり方でも出来るようにしておくこと」を伝えました。

      さて、どうなりますかね~。
      でも、長女が自分で選んでやっていること。
      指示されるのが嫌いな長女は、時間がかかりますが、失敗しても成功しても、学びになると考えています。
      見守りつつ、いい方向に向かうサポートができたらと思っています。

  3. ゆはあママ より:

    我が子のこととなると悩みますよね。
    トランプのスピードというゲームで、楽しみながらやってみるのはどうかしら❓
    親子のふれあいにもなるし。
    もう試されていたらすみません。

    • >ゆはあママさま

      本当に我が子のこととなると冷静になれないし、人に教える仕事してるのに情けないな~と思います(^-^;

      トランプのスピード、これだけは長女、得意なんですよ~。
      勝ち負けがつくのが嫌いでトランプゲームをほとんどしない長女ですが、スピードだけは好きです。
      計算が入るようなゲームは時間がかかってしまうので拒否反応を示しますが、数の認識という点では決して遅くないんでしょうね。

      今、我が家ではアルゴとロンポスが人気ですよ~。
      触れ合いも大事だと夕方は、ほとんど全て子供たちにあてています。
      今までその時間が足りなかったな~と反省中です。

  4. かお より:

    こんにちは。少し前の記事にコメントさせていただいています。
    現在小3の超マイペース娘を育てています。
    さて、3桁の足し算、引き算ですが、うちの娘も上の桁から答えを書いていくようになり、あれ?と思っていました。
    計算方式を編み出すほど賢いタイプではないので、疑問に思っていたところお友達のママより、今の学校の教え方は、先に繰り下がりの数や繰り上がりの数を確定させてから上の桁の数字から入れていくように教えることがあるようです。
    娘の計算をみて、一の位からやりなさいと声を荒げた自分を反省。教え方も色々と変わっているようですね。

  5. >かおさま

    コメントのお返事が大変遅くなってしまいました。
    お許しくださいませ。

    学校の教え方で、繰り上がり繰り下がりの数を確定させて、上のケタの数字から入れていく…そうなんですね~!
    長女のやり方はまた違っていたようですが、統一していないのかな(^-^;
    繰り上がり繰り下がりの数字の書き方も、先生によってちょっと違いがあったりして、うーーーんとなる時がありました。
    でも、都度確認して親が把握して送って大事ですね。

    書き順なんかも親の世代とは違っている字もありますし、過去のやり方にとらわれてはいけないですね。
    私も肝に銘じなければ!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください