6/30(日)申込締切! 小学3年生限定! 参加無料 「未来をつくる学びテスト」7/9(日) 日能研への特別支援制度を受けられる可能性も

やはり今年もありますね!
去年も記事にしましたが、朝日新聞社主催の「未来をつくる学びテスト」が7/9(日)に実施されます。

★ 第7回 未来をつくる学びテスト
朝日新聞デジタル内ページ 「<お知らせ>未来をつくる学びテスト、受験生募集」
2017年7月9日(日) 9:00集合~12:30終了予定
教科:算数・国語・科学 (各40分)
参加対象:小学3年生
受験料:参加無料
申込締切:6月30日(金)

場所:東京会場:学習院大学目白キャンパス 神奈川会場:慶應義塾大学日吉キャンパス

「自分で決断するチカラ」「想像するチカラ」「物事を伝えるチカラ」をテーマに、朝日新聞に実際に掲載された記事も用いてつくられた「国語」「算数」「科学」の問題。自分の頭で考え、答えをつくり、相手に伝える。そのプロセスの中で、世の中とのつながりを感じながら学ぶ「未来をつくる学びテスト」。子どもたちの豊かな答えには、無限の可能性がいっぱいつまっています。この機会にぜひ体験してください。

参加者全員に天声人語書き写しノートなどがプレゼントされるそうですよ。
テスト中は保護者向けに教育講演会も開催されるとのこと。
また、テスト概要のページに、

※いただいた個人情報は、受験票発行、採点・フィードバックや日能研への特別学習支援制度のご連絡に使用するため、朝日新聞社と日能研で共有し、受験情報や学校情報をお送りすることがあります。

とあります。
ネットで検索していても、この特別学習支援制度を通しての日能研の通塾、そこから継続通塾→中学受験というケースもあるようですね。
そして、この特別学習支援制度のご案内は、めちゃくちゃ上位…だけが対象というわけではなさそうなのです。
(それなりにいい点数でないと対象にはならないでしょうが、トップ5%のみとかそういうのではない模様。)
なんて素晴らしい制度なんだ~!!!!!いや、うちの子が制度を受けられるわけでも何でもないんだけど(^-^;
教材費は別のようですが、塾の受講料を一定期間負担していただき、正規の受講生として授業や環境を体験できるってすごくありがたいですよね。

でも、我が家の長女は受けません。
過去の外部テストの本人にとっての印象は「あんまり点が取れない」「難しい」というもの。
そして、その結果に対して、チャレンジして解けるようになりたい!という意志はありません。結構ダメージを与えてしまったみたいでとても反省しています。
そこに重ねて受けさせてもいいことはないと思うからです。
もう少し過去のテストの記憶を薄れさせてから、様子を見ながら外部テストを受けるかどうか考えたいと思っています。

ただ、受験塾に興味があるというご家庭には、とてもいい制度だと思います。
また、子供の伸び幅に期待するような、対象者を広くとった支援制度というのも嬉しいですよね。
このテスト、去年たまたま知ったのですが、小学3年生しかチャンスがありません
知っていたら受けたのに…という方が少しでも減ったらいいな~と、記事にしてみました。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ことり♪ より:

    しーままりんさま 
    初めまして。ブログ、興味深く拝見させていただいております。
    昨年のこの時期、しーままりんさんの同内容の記事でこの学びテストのことを知り、受けてみました。
    結果、めちゃくちゃ上位ではなかったのですが(笑)、昨年9月から日能研に通わせていただいています。しーままりんさんとこの制度に感謝の気持ちでいっぱいです。
    テスト自体は、知識を問うというより、頭を使って考えるという感じでした。うまく表現できませんが、2020年の教育改革を低学年に落とし込んだ、そんな感じでした。
    中学受験するかどうかわからない状態からのスタート、今も、受験できたらいいな♪そんなスタンスですが、楽しく通塾しています。

    • >ことり♪さま

      コメントのお返事ができず、大変失礼しました。
      そして、こちらがきっかけでテストを受け、今日能研に通われているのですね!
      通塾したり、中学受験の勉強をしたりすると、視野や世界がグッと広がりますよね。
      選択肢が見えてくるというか。
      楽しく通塾されているとのこと、何よりです。
      受験するかしないかに関わらず、学んだことは絶対マイナスにはならないので、頑張ってくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください