地元公立中学の生徒が置かれている状況を憂う

今、期間限定とはいえ、地元中学生を教えていることもあり、長女が中学受験をせず、地元中学に進んだ場合にどうなるかということをよく考えます。

今、中2の小6まで教えていた女子は、完全に部活の忙しさに飲まれて成績がガタ落ちになりました
それまで、親御さんにずっと中学に入ってからの学習スタイルを早くに固めること、家庭のみで難しければ、通信教育や塾など外部サービスを活用することを強く言ってきましたが、中1の間は成績が下がってきたのに結局何もせず
さらに、英語に関しては先生が休職してしまい、中盤から授業らしい授業がされずに、プリントによる学習だったと最近になって聞きました。

この生徒、小学生時代は現中1のこの生徒に次いで、私が教えてきた生徒の中では出来る方でした。
コツコツやるよりまとめて集中して学習するタイプで、応用力はないので数学は苦戦するかもとは思っていましたが、国語がしっかり出来るので英語はなんとかついていけるだろうと思っていました。
それなのに、授業がなかった単元の文法知識が、ごっそり入っていないのです。
それだけじゃなく、暗記項目をまずしっかり入れていない…教わっていない部分があるにせよ、自分で出来ることもテスト前にしか取り組めていない…。

親御さんが偏差値50ちょっとの近所の高校に入れたいとの考えで、「そこそこ出来る子だから大丈夫だろう」と思っていたのか、私が「中学に入学して最初が肝心だよ」と何度言っても暖簾に腕押し。
教えていない時も、生徒の成績が下降線に入ったのは明らかだったので、「すぐに手を打てば本人も楽だから、どうやってこれから勉強していくか考えて」と繰り返し言ってきました。
それでも「やばいよね~」と言いつつそのままに。
…結果、1年の終わりには、理科では赤点。
主要5教科の合計点が200点台半ばという状況…(各教科平均点は60~65点)。
主に数学を見てきたので、他の教科がここまで落ちているとは私も聞いていませんでした。
なぜそうなるまで、親子で何も動かなかったんだ!

スポンサーリンク

学校のせいにするのもいい加減にしろ

その生徒は、定期テスト直前だけ、私の直接指導を受けに来るのですが、学校への愚痴が多い
気持ちはわかります、教えてもらってないところをテストされるのだから納得いかない部分もあるでしょう。
数学だって、複数の先生に教えてもらう形、しかも、頭の良い子向けの解説をする先生もいて、初めて習う子には難しいこともあるかもしれません。
最初はその大変さには理解を示しつつ、指導日外でも分からない単元のyoutubeにある授業動画のリンクの案内や、無料プリントの紹介・指導などサポートしてきました。
やっぱり教え子のことって放っておけなくて…。

でも、二言目には「塾行ってないから。出来る子はみんな塾に行ってる。」と。
だから、コンスタントに通う塾が良ければ見学に行けって言ったじゃないか。親も塾に行かせないなんて言ってないし。
教材も普段使える授業動画も教えて、それ以上何を周りに求めるんだ?
じゃあ、何があれば分からないところを理解しようと勉強を始めてくれるんだ?

さすがに、今回中2の1学期中間のテスト勉強の時も同じ言葉を言ったので、喝を入れましたよ~。
「この数ヶ月、何してたの?わからないところの授業動画は教えたし、プリントも教えた。わからないところは質問しろって言ったよね。学校で授業がなかったとか、先生の授業がわかりにくいとか、いつまで言うつもり?入試まで?学校でフォローしないのは分かってるのだから、自分でどうにかするしかないんじゃないの?自分で学べるだけのツールは与えたよ。で、あなたは何をしたの?」

痛いところを突かれて、生徒は黙り込んでしまいました。
その後、夏までにどうやって英数の1年生の範囲をカバーするか、一緒に学習スケジュールを練ったのですが、さすがに神妙な顔をしていましたね。
このままズルズルいかないよう、ここが踏ん張り時なんだよ。挽回できるチャンスなんだよ…。
ガツンと言った後はもちろんフォローします。
やる気をなくしている、諦めかけている子に、はっぱかけるだけじゃやらないですもん。

学校のせいにするなと言いながら、「学校の授業をしっかり聞いて、その場でマスターしてきなさい。それが一番大事。」って言えなくなってきてるんだ…と呆然とし、とても悲しくなりました(これは、私の両親にずっと言われてきたことでした)。
私は学校での学習を土台をなすものとして大切にしてきたので。
でも、
これがうちの学区の現実

もちろん、きちんとした先生や学校、地域もたくさんあると思うので、あくまでもしーままりんの居住地域でのことととらえてくださいね。
公教育の限界もあるとは思いますが、塾に通わない(通えない)、学校の授業が頼みで理解力が普通、もしくはそれ以下の子たちは、どうしていけばいいんだろう…と考えてしまいます。
この生徒は、とりあえず私という質問する相手がいます。いざという時に頼れる先がある。
でも、そういうつながりが何もなく、親が教育に関心を示さないようなら…よほどガッツがある子以外は、ずるずると落ちて行ってしまうのではないでしょうか。

地元中学に通う予定の長女 理想はこれからの4年間で自学自習できる力をつけさせること

長女に関しては、中学受験しない予定なので、このままいけば、先に書いた生徒と同じ学校へ通うことになります。
要領のよくない、機転が利かない、競争心のない長女に関しては、どうしても心配が先にきますね。
長女が中学生になる頃、いい方向に学校が変わっていればいいけれど、そんな保証はどこにもない。
正直言って、ここまで部活中心、授業は後回し…というか勉強は塾か家でやらないとという状況とは私もパパも知りませんでした。
でも、ウダウダ言っても仕方ない。
それなら、こちらが変わるのみ。

長女は今、小3なので、これからの4年間で家庭での学習習慣はもちろんのこと、どうやって学習計画を立て、修正し、どういった教材でどう学習するかを体得していければと思います。
塾に行かせるのもひとつの手段ですが、長女はまだ勉強にそこまで関心を持っていない。
それなら、家で出来るだけ興味の種をまき、小さなことでもわかる・できる嬉しさを実感させ、限りあるツールの中でどれが自分に合うのか、試行錯誤をして欲しいと思います。
まだ今は私主導の家庭学習ですが、少しずつ自立学習へというのが理想です。

親である私も「お金があれば塾に行かせちゃうのになあ」「塾でついていける子だったらな~」「自分から勉強してくれたらな~」とない物ねだりじゃなくて、今ある物を駆使して我が子にベストな環境を作ってあげたいと思います。
ないならないなりに、その中で自分の力で学び取り、より多く深く学ぼうとするたくましさが芽生えてくれたら、それが一番。
長女の性格的に難しいかもしれないけれど、だからこそそれを得るための試行錯誤が必要で、その過程こそが彼女を伸ばしてくれると信じます

これから4年間、ああでもないこうでもないと悩んだことは、きっと中学に進学後に無駄ではなかったと気付くはず。
だって、これから4年間何もしなかったら、中学に入って膨大な学習量+テストのための勉強が待っているのに、経験値がなく混乱するしかないと思うから。

目先の出来た出来ないがつい気になってしまうけれど、それにとらわれず4年先を見て頑張ろうと、今の私は思っています。

寺子屋の限界か…親の価値観までは変えきれなかった。でも…

寺子屋では中学生は、夏まで通信指導を頼まれた中3以外は原則引き受けていません。
遅い時間までや長時間の指導を、継続して行うことが無理だとわかっているからです。
今回取り上げた生徒も、私からの指導はテスト前の直接指導か通信指導のみなので、他でコンスタントに直接指導を受けたいとのことで、他の塾を春頃は探していました。
結局まだ塾を決めていないようなので、どうするんだか。

もともと小学生を対象に中学生になって困らない基礎の確立を目指して寺子屋を始めたので、中学生を教えられないのは生徒も親御さんも了解済みです。
でも、やっぱり教え子の成績が下がってきたと聞くと、本当にはがゆい。
偏差値50強の高校でいいというママに、「『普通でいいんです』では普通になれない」とずっと言い続けてきたのに、全然届いていなかったんだなと無力感も。

今春寺子屋を卒業した中1女子のママ曰く、「この辺の親は、そんな感じの人が多いかも」と。
そのママは私と非常に距離が近く、長男と同級生の下の子もいるために、頻繁に情報交換をしていました。
「しーままりんと教育についてこんなにたくさん話していなければ、中1から塾に行かせようとは思わなかったと思う。周りもゆるーいからそれでいいんだって、それが普通なんだって思っちゃうんだよね。」と聞いて、環境の影響の大きさを痛感しています。

でも、寺子屋をやっている以上、生徒や親御さんに対して、自分なりに「基礎学力の大切さ」「親の教育観の重要性」など発信し続けていきたいと思います。
もちろん、人生において勉強が全てではないです。
けれど、学ぶことで世界が開けるのは本当だと思うから。
学ばないことで得なことってないと思うから。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ペンギンママ より:

    凄く考えさせられました。
    小4の長女も地元の公立中学に行きます。
    私自身、学校の授業さえ聞いていれば勉強は大丈夫♪なんて楽天的になれません。
    なぜなら、公立は担任の指導方法に波があるからです。
    今年の担任の先生は新卒の方でした。
    とても熱心な先生ですが、やはり講習が多くほかの先生が授業することが
    多いです。プリント学習のみの時も。。

    4年生は勉強が「出来るか」「出来ないか」が二極化される次期だと感じています。
    なので、家庭での学習は必須だと思っています。
    中学での自学方法を視野にいれてこの一年間 小4の長女に何が必要なのか考えていきたいと思います。
    長女は学習習慣は朝30分 夕60~90分とついています。
    今は私が立てた学習スケジュールをこなしているだけなので、今後長女に任せていけるように徐々にシフトしていこうかと思います。
    しーままりんさんは小4の自学出来る子にするには、何が大切だと思いますか?

    • >ペンギンママさま

      お返事遅くなりました。
      「小4の自学出来る子にするには何が大切か」で答えがなかなかまとまりませんでした。
      これは、親御さんが目標とすべきところがどこかにもよるかと思います。
      教科書準拠レベルでよければ、教材の選択肢はそんなにないでしょうから、学習スケジュールの立案とその修正で、小4なら十分かと思います。
      栄光ゼミナール×ちびむすドリルの教育情報にこんなのもありましたよ。
      http://happylilac.net/eikoh/ek201703212019.html

      でも、既に朝と夕方で1時間半から2時間の学習時間を確保されてるんですよね。
      となると、今よりも力を付けるにはどうしたらいいか(はっきりした目標があるとあyりやすいかも)、これをまずは親子で考えてみるといいかもしれないですね。
      自分はどの分野が得意で、何の教材にどれくらいの時間をかけて取り組み、どこまで力を伸ばすのか、これをイメージできるといいのではと思います。
      塾がないとテストなどを受けるチャンスが激減するので、目標のたて方が難しいかもしれません。
      それでも、得意分野なら比較的本人もやる気がある状態で、手強い問題にであった時に、どこまでやったら切り上げて、指導を仰いだり解答を見たりという手段を取るか、そんな力がつくのではないでしょうか。
      そこに自信ができると、苦手分野にもどう取り組んだらいいか目を向けられる気がします。
      それまでは親がフォローでいいと思います。

      ただ、私もまだ明確なイメージは持てていないんです。
      私は全て自分で考えてやってきて、スケジュールも何も意識したことがなく、何をすべきかいつどれだけやるべきか、また何をやらないべきか、臨機応変に対応してきた気がします。
      長女は真逆で放っておいたら、多分勉強するようにはならない。
      そう考えると、親が学習の価値を伝えつつ、ある程度の精神面の成長を待った方がスムーズなのかもと思います。

      待つとしても時期は中1くらいまでを目途に考えておいた方がとは思います。
      思春期で子供がどういう態度を親に取ってくるか、今はわからないですから、かなり反発してくることも想定して、それまでに…ですかね。
      個人的には、中1の段階で、スケジュール、教材選び、理解できない場合の対処法等含め、一応自分なりのやり方を持っている状態が理想です。
      そこからは、経験を重ねることや、そこに親だけでなくできる友人や先生などのアドバイスを受けることで、自分の学習方法の効率や成果を上げていけるのではと思います。

      答えになっているかちょっとわからないですが…大丈夫でしょうか(^-^;

      • ペンギンママ より:

        丁寧な回答ありがとうございます。
        ちびむすの情報も読ませて貰いました。
        私が娘に臨むレベルは、中学受験はしないけどそのレベルの問題が
        解けると楽しいよね♪と、いうぬる~い考えがあります。
        なぜなら、中験レベルの問題がある程度出来れば公立中学では
        トップですし、中学授業についていけない…なんてことにはならないかと・・・。

        しかし、小3の単元テストの平均は90前後でした。
        酷いときは80前半の時もあり、まずは教科書レベルを完璧にマスターしてからの
        話です。(長いなぁ・・・)

        スケジュール管理は、私が1週間するリストを作って、
        長女に 曜日毎に入れて貰うようにしています。
        その都度、「この日の習い事は何時までだから、少な目にするか?
        朝に持ってくるか?」など決めています。
        そして、土曜日は復習する日に決めました。
        間違えた問題は当日、翌日に解きなおししてましたが、
        土曜日にも、もう一度解くようにしました。
        そして、この土曜日を予備日にすることで
        予定通りに進まなくても、余裕を持てるようになりました。

        し~ままさんからのアドバイスを読んで
        今、娘に必要なのは「明確な目標」なのかなと思いました。
        ただ、私がリストアップした問題集をこなしているだけなので、
        「なぜ、この問題集をするのか?」「どこまですればいいのか?」の
        ゴールが見えていないのかなあ?と、、、

        娘の望んでいるレベルを聞いていこうと思いました。
        丁寧なアドバイスありがとうございます。
        これからも参考にさせて下さい。

        • >ペンギンママさま

          質問の回答になっていたか、ちょっと心配でした。
          言いたいことがまとまっておらず、すみません。

          お返事の中にあった「明確な目標」ということについて、もう少し。
          これ、中学受験をしない子の場合、将来の夢がはっきりしていてそれに向かって努力するという気持ちが強い子などは目標設定が可能かもしれませんが、多くの小学生にとっては難しいのかもしれません。
          もしかすると中学生でも難しいのかも。

          うちの子たちにもやってみたいお仕事をするにも、自分が住みたい家を手にするにも、まずは勉強(教科ではなくもっと広い意味で)が大事だよという話はしていますが、子供たちにはどうもピンと来ない様子。
          それと自分以外の人と話したり楽しく過ごすのに、お互いが知っていることや興味のあることがプラスに働くことがあることも話してみました。
          また、知らないことばかりでは、相手を理解し交流するのにちょっと大変になるんじゃないか…とも。
          でも、やっぱりまだまだ子供にはしっくりこないみたいなんですね。

          だから、そういったことを私の考えとして話しながら、「何をどこまでやったら」ご褒美!という作戦(ポイント制)を取っています。
          勉強するといいことがあるっていう単純な思考ですが(^-^;
          でも、それくらい分かりやすい方が子供がノッてきやすいというのもあるかなと。
          ポイントがたまる=たくさん認めてもらえた…という感覚になっているみたいです。
          なかなか褒められることがない子たちなので、やったこと1つ1つを毎日認めてあげよう!と私の意識改革も兼ねてルールをきめてみました。
          子供たちも毎日ポイントもらえる方が嬉しいと言ってくれたのも、この方法で行こうと思った理由の一つですね。

          娘さんが最も達成感を得られる目標が設定できるといいですよね。
          我が子たちには、学習習慣をつけるというのが一番の目標だったので、低いハードルですがそこからスタート。
          でも、できるようになったら、また新たに目標を探って提示し、気持ちがだれないようにしたいと思っています。

          私自身、ブログに書いている通り、試行錯誤の連続で参考になることがあるのかどうか、ちょっと恥ずかしいと思いながら記事を書いていますが、失敗なども正直に書いていますので、反面教師としても活用いただければと思います(滝汗)。
          これからもよろしくお願いしますね♪

          • ペンギンママ より:

            返信ありがとうございます。
            先々の目標を見つけるのは難しそうなので、
            「この問題集ができたら、全国統一テストが解けるようになるよ♪」など
            具体的な目標設定に変えてみようと思います。
            小3の時に全国統一テストと日能研の全国無料テストを受けて
            「分からなかった。順位も下の方なんだ・・・」
            「他の学校のお友達はすごいんだ・・・」
            と、自分立ち位置が分かったようなので、、
            難しかったテストが分かる快感を味わえれば、勉強も楽しくなるのかな?と

            あとは、し~ままりんが取り入れているポイント制はうちも導入しました。
            ブンブンどりむの模範解答を暗唱で1P、問題集の1ページが満点で10P
            学校のテスト満点で100Pなど細かく設定しました。
            やはり、ポイント制が一番効果があるみたいですね。
            そして、褒めること。
            「終わったら よくやったね って声かけかられると嬉しいよ」と
            娘に言われて(やって当たり前と思っていた自分の傲慢さに気づきました)

            これからも公立の高学年~中学生のつまずきポイントがとても参考になるので
            楽しみにしています。

          • >ペンギンママさま

            ブログの仕様か、コメントにレスがつけられないようなので、自分のコメントにペンギンママさんへのお返事書きますね。

            そうですね、テストで上の順位や成績を目指すというのは数値化されるので、目標にしやすいかもです。
            もちろん、その時の受験者層や出題傾向などありますので、家庭でどう受け止めるのか微調整は必要ですが、本人が「上を目指したい」という気持ちがあるなら良い指標ですよね。

            たまたま公立小・中の子を教える機会があることから、いろいろな気づきがあります。
            中学生については今後指導から離れることになりそうですが、状況把握はしていきたいと思っているので、今後も記事にしたいと思っています。
            少しでもお役に立てるのならば、本当にうれしいです。

  2. ひつじ より:

    はじめまして。小4、小2の男の子の母です。
    家庭学習の教材について調べ、こちらにたどり着きました。

    私は胸を張って言えるような学歴はありませんが、私も「学ぶことで世界が開ける」のは本当だと思っています。
    近くにしーままりんさんのような、とても親身になって下さる先生が居たらすごく幸せなのに!生徒さんたちがうらやましいです。
    私の住む所は田舎なので、公立中に進学するのが大多数で、だからこそ環境(学校の校風や生徒の顔ぶれなど)が子供の人生を大きく左右すると私も感じています。
    なので、高校は行ける学校ではなく、行きたい学校を選べるように、小学生のうちから学習習慣を!と自宅でドリルなど取り組んでいます。

    しかし、勉強が将来につながる事など、話してはいますが、上の子は中学年に入り、放課後の自由時間が減った事もあり「なんで友達は宿題だけなのに、うちはこんなことしなきゃいけないの??」と不満が出てきてしまっています。

    中学生までに自立学習を目指したいのですが、具体的にどう手を放していけばいいのか私自身もよくわかっていません。思考錯誤するしかないですかね。
    私主導でもコツコツ、少しずつ学習を続けていった方が良いのは分かっているんですが、ぐずぐず、やればいいんでしょ?的に雑に済ませようとするのが見えてしまうとイライラしてしまい、家庭学習もなかなか難しいです。

    先日の記事にあった、下の子に対して、ずるい!という発言、うちも同じです。
    簡単な問題でずるい!らしいです。下の子は理解に時間がかかるので、簡単なもので少しずつ進めているのですが。
    うちだけじゃないんだ~とちょっとほっとしました。
    しーままりんさんの、教育に対する熱いブログに励まされます。親が子供の勉強に関わっていいんですよね。

    これからもブログの更新、楽しみにしています!

    • >ひつじさま

      はじめまして。小4、小2の男の子のママなのですね。
      男の子のお子さんだと、兄弟の競争意識は強いような気がしますがどうでしょう。

      ひつじさんがお子さんに言われたという「自分はどうして宿題以外の勉強をしないといけないの?」というセリフ、私も長女に言われました。
      「宿題やってるんだからいいでしょ」と。
      私は、「ママは勉強は大切だと思っていて、長女ちゃんにも自分のやりたいお仕事に将来就いてほしいと思ってるの。でも、勉強をしていないと、『このお仕事をしたい』と思っても、お勉強が足りなくてなれない、なれるとしても何年も余計にかかることもあるんだよ。そして、人って急に勉強できるようにはなれないと思う。だから、今から広い意味の勉強の練習をしているんだよ。」と話しました。
      わかってくれたかどうかはわかりませんが…。

      ただ、どんなに正論を言っても、まだまだ子供たちには遠い将来のことで、イメージがわかないのかなとも思います。
      だから、「みんながやらない宿題以外の勉強をした」なら、ご褒美をあげることで明確なプラスイメージをつけようと思ったんです。
      それで、ポイント制を始めました。
      我が子たちは周りから褒められることはめったにないので、毎日「がんばったね」って言ってあげたかったのもあります。
      全部できなかった時でも、やったことを私が見逃さないように(マイナス面ばかり見ないように)…という意図も。
      ご褒美作戦、だめでしょうかね。
      意外と小さなご褒美作戦(時によって大きなご褒美作戦)、中学生にも効果があるようですし。

      寺子屋に来ている生徒や親御さんと接していると、「空回りしているかな」と自分を振り返ることがあります。
      でも、学ぶことってどう生きるかにもつながると思うので、どうしても熱くなってしまうんですよね。
      生徒に「女・修造」と言われましたから(笑)

      寺子屋で勉強を教えていても、子育ての延長上にある家庭学習については悩みっぱなし。
      そんなこともここでは隠さず綴っていきますので、またよければ遊びにいらしてくださいね。

      • ひつじ より:

        こんにちは。お返事いただきありがとうございます。

        早速ポイント制を提案してみたのですが、二人ともやってみたい!と乗り気だったので始める事にしました。まだ数日ですが、本人たちもどのくらいやったかが分かるので達成感があるようです。続けていきたいと思います!

        長男には、将来つきたい職業から逆算してどんな大学、高校に進んだらいいか、中学、今はどんな勉強が必要か話し合ってみました。すると今から勉強していなかったら将来夢がかなえられないかも?と気づいたようで、ちょっと焦っていました。

        うちは長男は理解が早いです。でも、せっかちな性格故、学習に取り組むのも早いですが、じっくり考える問題やコツコツやり続ける事は苦手です。逆に次男は、学習に取り組むまでも時間がかかりますし、理解し習得するまでにとっても時間がかかります。でもコツコツ頑張れる!
        兄弟それぞれに合わせた学習を!と母も頭を使う毎日です。

        周りにスポーツなど子供の習い事を熱心にされている方は多いですが、勉強のことを話せる人がいないので、しーままりんさんの記事やみなさんのコメントに共感出来ることが多く、参考になります。
        また遊びに来ますね♪

        • >ひつじさま

          ポイント制、お子さん達乗り気でしたか!
          親からするとちょっと面倒ではあるんですが、我が家もポイント制は続いています。
          頑張れば自分にご褒美があるというのは嬉しいみたいです。
          それと、毎日の頑張りが記録されるのもいいみたいですね。

          長男くん、小4で将来に向けて危機感を覚えるのは、精神年齢が高めかもしれませんね。
          スピードはあるようなので、さらに深く考える(ちょいムズくらいので、気分よくクリアできる問題からトライ)経験を積み重ねると大きく飛躍できそうです。
          次男くん、コツコツ頑張れるっていいですね!
          我が家は、長女がゆーーーったり&集中力欠如、長男はスピード&コツコツなので、どうしてそれぞれに良い点を振り分けてくれなかったんだ~!と神様に恨み節です(^-^;

          勉強について本音で話せる人って、私もリアルの場ではたくさんいるわけではありません。
          どうしても「教える側」からの話になることが多く、私の長女や長男に関する悩み(それも深い)を知っているのはごく一部です。
          ひとりで抱えているとつらくなることってありますよね。
          私はブログにそんな気持ちをぶちまけています。
          なので、お役に立てているかはわからないですが、「たいへんだけど一緒にがんばろうね」って顔も知らない間柄ですが、そんな親近感は湧くのかな…なんて。
          そんな場としてでもプラスの意味があるなら嬉しいことです。
          またぜひ来てくださいね。

  3. あると より:

    私の住む場所も田舎で、中学受験は学年に1人いるかいないかという地域に住んでいます。
    平成の大合併までは村だった地域なので、進学塾も旧市内まで行かないと無く、中学生になっても親の送り迎え必須という場所です。
    習い事を熱心にしている家は多いけど、中学に入れば部活動必須(ほとんど運動部)で、3年生の夏に引退してから受験勉強に本腰を入れる子が多いみたいです。
    もちろん、娘も地元の公立中学校に通います。

    家庭学習を始めたきっかけは、娘が「お医者さんになりたい」と言い初めてからで、それがなかったら学校の勉強以上の事はさせてなかったと思います。
    娘の夢に関しては、家中ひっくり返しても私立医学部に行くお金は無く、塾代もできるだけ節約したいので、どうなるのかはわかりませんが(^^;

    前置きが長くなりましたが、私も中学で落ちこぼれたのでこの子の気持ちは分かります。
    私自身がゆとり教育に片足を突っ込んだ世代で、歴史の授業は明治に入ったくらいで終わり。入試範囲は数学・国語・英語の参考書が学校で配られて丸投げ。
    お恥ずかしい話ですが、自分の過去が反面教師です。

    でもしーままりんさんのような親身になってくれる先生が身近にいて幸せですね。中学生くらいになると、親よりも他人の方が話しやすいのかもしれませんね。
    大きくなっても親子の連携がとっても大事なんだなって改めて思いました。
    うちの子も難しい年ごろになったら、しーままりんさんの愛の鞭を頂きたいです。

    • >あるとさま

      私の住んでいるところも、習い事にお金をかけているお宅はすごく多いと思います。
      でも、学習にかけているかというと、全く別ですね。
      塾に行くのもいいのですが、今は通信環境が発達したのもあって、進学校を目指すためのネット塾というようなものも出て来ましたから、昔に比べたら学習環境の都市部との差は縮まっているように感じます。
      ただ、直接指導を受けるのは場が勉強させてくれますが、自宅での学習というのは自制心が必要になりますよね。
      そこが通塾しない場合、大変だなと思います。

      娘さん、お医者さんになりたいと言っているのですね。
      いいですね~、早くから夢があるって。
      そういうのを聞くと、親としてはサポートしてあげたいって思いますよね。
      我が家も塾代は極力おさえて、大学や専門に進学する際の費用にあてたいと考えています。
      どこにかけるか、大事ですよね。

      中学生になると、個人差はあると思いますが、それまで点数しか見てこなかった親子の場合、急に勉強面で子供に距離を置かれている印象があります。
      口うるさくとも点数だけじゃなく、「どうしたらできるようになるか」を一緒になって考えてきたお宅は、反抗期でもなんだかんだと親子で勉強に向かっていますね。
      あくまでも寺子屋の元生徒を見る限りではありますが。
      そこに親の学歴とか親が教えられるかどうかは全く関係ないです。
      「子供と一緒になって考えているか」にかかっていると感じています。

      小学生時代は、まだ比較的親の言うことを聞いてくれる時期。
      今のうちにしっかりと時間と心を使って、子供とのつながりを強めていく必要があると思いますね。

  4. YUMNOG より:

    しーままりんさん、こんにちは。
    うちも地元公立中学に進学予定なので、すごく考えさせられました。
    子供達がいく予定の中学は近隣の中学と比べてレベルが低いです(-_-;)
    公立進学校を目指すなら、本当にトップの成績をキープしていないといけないようです。
    ・・・となると、家庭学習は必須。塾も小学5~6年生から視野に入れないといけないようなのですが、我が家は今のところ家庭学習のみで行く予定です。
    ただ、長女も反抗期に突入したようで、私の言うことを聞いてくれなくなってきているんですよね。どこまで親子だけでやっていけるのか、わからない状況です。
    もうね・・・「しーままりんさんの寺子屋がうちの近くにあったらよかったのに(´;ω;`)」と何回思ったことか。
    無いものねだりしてもしょうがないので、気合い入れて頑張ります!!
    これからもブログ楽しみにしてますね(*^^*)♪

    • >YUMNOGさま

      我が子たちの通う予定の中学もかなりレベルが低いです。
      YUMNOGさんの学区の中学と同じ感じだと思います。
      公立進学校を目指してほしいと思ってはいますが、ここでたちはだかるのが内申…。
      どうしたもんだか…って感じですよ。

      確かに塾に通うお子さん、小6から増えるように思います。
      塾にも公立中進学コースという、英語先取りで都立上位校を目指すなんてコースも準備されていますしね。
      でも、今は授業動画の配信もありますし、スタディサプリのような安価でかつ良質なサービスもありますし、何が何でも塾とは思わないんです。
      家庭学習だとそれまでにしっかりと学習スタイルを持っておかないと、中学では授業スピードと学習量においつけなくなる恐れもあるかなとは感じます。

      お子さんが反抗期に入ると、家庭学習で難しい時期も出て来ますよね。
      でも、今まで家庭学習で積み重ねてきたことは絶対にプラスです。
      子供が「親は学習に価値を置いている」と分かっていますから。
      学習の手段や方法を変える時期が来るかもしれませんが、それは成長と共に必要なことかもしれませんね。

      私も我が子がどうなるのかわかりませんが、しっかり向き合おうと思っています。
      お互い頑張りましょうね♪

  5. えりふく より:

    はじめまして。いつもブログ参考にしてます。文章がとても読みやすく、面白いです。我が家、中1娘、小学低学年息子です。
    我が家は地方都市の公立中学運動部で、なんと帰宅が19時30分から20時の間です。2時間の勉強時間はよほど夜ふかしが得意でないと無理な日々です。小学生の頃早く寝せていたので起きていられず、今頃後悔してます。中学生、部活と勉強の両立は非常に難しいです。今まで親子で塾なしで頑張ってきましたが、この先どうなることやら。

    • >えりふくさま

      はじめまして、コメントありがとうございます。
      つらつら綴っているブログですが、楽しんでいただけているようなら嬉しいです。
      お役に立てているかは…自信ありませんが(^-^;

      中1と低学年のお子さん、学年が離れているので家庭学習のサポート、えりふくさんも大変ですね。
      中学生と小学生では、生活時間もだいぶ違いますしね。

      お姉さん、部活から帰るのが19時30分から20時とは遅めですね。
      そうするとお風呂やお食事の時間を考えると、学習時間を確保するのは大変でしょう。
      私が通信指導している子は睡眠不足が体調にもろに出るので、夜更かしさせられません。
      ですから、隙間時間に勉強をと口を酸っぱくして言っています。
      お行儀が悪いかもですが、ご飯中かお風呂で暗記も推奨しています。

      それだけ部活帰りが遅いと塾というのも現実的ではないですよね。
      授業動画などを活用して、予習→学校ワークの流れを作って、テスト前に学校ワークの出来なかった問題を繰り返せると定着しますが、そこまでできるかどうかがキモですね。

      家庭学習、頑張りどころかと思います。
      中学生で塾なしは大変かもしれませんが、通塾時間がないだけ、時間のロスが少ないというメリットがあります。
      生活の変化を乗り越えて家庭学習がいい状態になるといいですね。

      • えりふく より:

        お返事ありがとうございます。

        ご想像の通り、娘が帰宅後の生活は本当にバタバタです。帰宅後から眠たくなるまでの、わずか3時間で、食事に入浴に勉強、次の日の準備、毎日慌ただしくて娘だけでなく私も疲れます(私は、土日もシフトで仕事ありのフルタイムなんで、息つく暇がないです)。

        先日、初の定期テストでした。中間がなかったので、科目が多い期末からでした。5教科にしぼって取り組みました。
        しーままりんさんのアドバイス通り、学校ワークのできなかったところをやり直してのぞみました。結果、5教科470点超えました。時間が無いなりにどうにかなるかもと少し安心しました。実技の結果は悪かったですが。
        本人、試験が終わった後も勉強するようになりました。意識が変わりはじめてます。努力が結果につながる経験が子どものやる気につながるんだなあと感じてます。続くかどうかは、わかりませんが。

        今回、国語が伸びてません、親子で国語の勉強方法がわからないねと話してます。記述が△が多いのです。書く力をつける方法、何かありました、教えてください。

        • >えりふくさま

          中間テストがない中学で、初の定期テスト。
          さぞ親御さんとしては緊張されたことと思います。
          でも、娘さん、がんばりましたね!
          そう、やったことが点につながるのが自信になりますよね!
          中1の1学期、良いスタートが切れて何よりでした!

          気になったのが実技がいまいちだったとのことですが、東京都ではないですか?
          東京都だと内申が、副教科は主要五教科の2倍になります。
          よって、期末テストの副教科の点数が結構大事になってきますので、気を付けてくださいね。
          副教科や内申が入試に与える影響の重さは、都道府県により違うようなので早めに把握しておくといいです(既にされていたらすみません)。

          それから、中1で差が開き始めるのが、2学期です。
          英語も本格的に文法が入ってきますし、数学も方程式、比例反比例、図形と入試につながる土台の単元が目白押しです。
          ここで取りこぼしや理解不十分な箇所が出ないように気を付けてあげてくださいね。
          夏休み中に復習と予習に取り掛かれると楽だと思います。
          部活で忙しい子には、スタディサプリを勧めていますよ。
          自分のペースで予習も復習も出来ますし、問題集は学校ワークや市販ワークを追加するなど、自分に合った形にできますから。

          今回、国語が伸びていません、△が多い…とのことですが、解答が問題の形式に合わなくて減点されたのでしょうか、それとも重要箇所の記述のもれ?
          ちょっとこれだけだと判断がしにくいので、差し支えないようでしたらテスト問題と本人の答案そして先生の解答をセットで見せていただけると助かるのですが…。
          (先生によっては授業中の話した内容そのままの解答を求めたり、事前にプリント学習したそのままを求めたりということもありますし。)
          もしよろしければ、 hapiben.blogアットマークgmail.com (アットマークを半角@に変えてくださいね)までご連絡ください。

  6. ニューkinu より:

    こんにちは。
    昨日に続き連投稿してしまい、申し訳ありません。

    うちの長男も公立中学進学予定なので、興味深く読ませていただきました。
    私の住んでいる地域は、受験率は高めですが、やはり金額的なことや学校の数の問題もあって、多くが私立や公立一貫校に行くというイメージよりも、安定的に公立中学に行く人数はいるという感じです。

    長男は地頭はきっと悪くはないはずなのですが、いろいろと問題ありで、やっと最近自分で勉強するようになったのですが、さすがに中受には間に合いませんでした。(まだ6年の6月ですが)
    自分でも中受したい気持ちが出てきたようですが、現実を知り、今は、高校受験を目指してその先の志望大学も決まっていて、それに向けて頑張っています。

    私は今住んでいる地域ではないところで中学時代を過ごしたのですが(公立)
    それはそれは荒れてしまい、授業どころではありませんでした…。数十年前ですが。勉強するのが大好きだったので、学校に頼れない分、塾通い。今思えば熱心で良心的な塾だったので(田舎なので、超個人経営)さらに勉強が楽しくなり、学校が荒れすぎて勉強できない分、カバーできました。部活もそこそこにやっていたし、家でとにかく勉強が好きで、塾で習わない理科、社会は独自の勉強方法を編み出して勉強していた記憶があります。

    そういう経験からも、どんなに荒れてても、周りが緩くても自分の意志さえあれば、なんとかなるんじゃないかという思いもあったりして、公立中学に否定的でもありません。ただ、いざ自分の息子が公立中学に入るとなると、昔と今では時代も違うし、息子の性格上、周りに流されていったりしないか心配です。

    今は、学校の勉強+自宅でスタサプ+月に2回の作文教室というスタイルです。
    毎日コツコツとやるのは嫌いではないようで、
    宿題、新聞スクラップ(趣味の域)、家庭学習の3点セット。
    家庭学習はスタサプだったり、教科書ワークだったり、英語だったり、出口の国語だったり(国語力がひどいので小4にさかのぼらせました)

    学校のテスト対策は、ばっちりテストみたいな教科書準拠のワークを自分でテスト前にやっているようで、ケアレスミス以外(これが非常に多い…)はそこそこの点数です。ただ、基礎学力が中途半端なまま小6まで来てしまったので、土台が緩いまま上に建物を建てているような状況で、なかなかそれ以上が伸びません…。全統模試は去年から受けはじめ今年で2回目。今年になってからは無謀にも中高一貫校の模試を受けたりしています。本人の希望で。理科社会もスタサプで自分でどんどんやっていく感じで、私は完全に勉強を見なくなりました。小4までは張り付いてみていたのですが、小4の壁で大きく壊れかけてしまい、本当に大変な時期があり、その後小5になって担任が変わったことなのか、本人に意思が芽生えたのか、私がまったく勉強を見なくなると、逆にもくもくと自分で勉強を始めるようになりました。なぜ?という感じですけど(苦笑)
    小6になってからは目標が定まったのと、周りが受験する一方、置いてきぼりをくらってる悔しさもあって、中受という範疇ではなく、公立中学進学ー公立高校という視点で勉強をするようになりました。
    私からするともっとやってもいいかなと思うのですが、なかなか本人も波もあるし、やりたいこともあるし、今は、自分で時間を切ってやらなければならないこと、やりたいことにけじめをつけてやっている感じです。

    ただ、やみくもに長時間やればいいというわけにはいかないですし、今はスポ少もやっていないし、習い事も週に1回だけなので、比較的時間の余裕があります。
    ですが、中学になるときっとその辺はもっとタイトになってくるであろうから、どうしていくのかなと私も不安はあります。

    まだ反抗期もなく素直な感じの子なので(たぶん、この先もなさそうなタイプ・・・。夫も反抗期がなかったらしいです。私も親に反抗したことがあまりなかった)、このまま私たちのアドバイスを参考に進めていくのかなと思うのですが、私や夫のやり方が長男にそのまま当てはまるかと言ったらそうでもないので、その辺どうしていくのかなと。

    試行錯誤でとにかく前を向いてやっていくしかないなという感じで頑張っていこうと思います。

    • >ニューkinuさま

      長男くんが公立中学進学予定なのですね。
      それでもここへ来てグッと精神的にも伸びて、自分から学習に向かっていく姿勢があるとのこと。
      4年の時には大変だったとありますが、それを超えて、いい状態になっているようでよかったですね。

      比較的時間に余裕があるお子さんのようなので、学校準拠、スタサプ以外で、今取り組んでいるよりももうワンランク上の問題に触れるのもありかもしれませんね。
      スタサプは、応用にも触れていますか?
      解けるかどうかはともかく、学校の勉強では得られない視点から問題を解くことができるので、とても有用かと思います。

      小学校では全員の理解を目標に授業やテストが組まれますが、中学では途端に基礎・練習・応用とレベル別の問題が組み込まれた学校ワークを渡され、本人の学力問わず、宿題やテスト時期の課題として出されます(そして、わからないところの学校のサポートはなしのところが多い)。
      複数の単元の基本の理解をもとに、組み合わせて解く問題がどんどん出てくるので、小学校時代に鍛えてきた子とそうでない子とかなり差が出ます(主に数学)。
      公立中高一貫校向けの問題や模試にとらわれず、私立中の中堅校くらいの問題もぜひ見てみてください。
      中学に進んだ時に、「あ~、なんか見たことあるな」ってだけでも、心理的な壁が低くなりますから。
      理社の広い知識をしっかり入れるのは、非常にプラスになります。
      中学に入って2年生くらいまで「ああ、やったやった」って感じになると思いますもの。
      ぜひ応援してあげてください。

      家庭学習って手さぐりでつらくなる時もありますが、子どもとしっかり向き合えるのも高校受験までと思うと、そんなに年数ないんですよね。
      そう考えると今が頑張り時って思えます。
      お互いがんばりましょうね♪

  7. ニューkinu より:

    しーままさん
    お返事ありがとうございます。

    そうなんです。我が家はスポ少等やっておらず、男児の割にあまり外で遊ばないタイプなので、比較的時間に余裕があります。

    スタサプは、社会と理科は応用もやったりしています。
    特に社会は大好きで基礎では物足りないのか、応用をやりたがります。
    ですが、完全な国語、算数は基礎のみです。

    中学での様子を教えていただいてありがとうございます!
    第一子ですし、今の中学の様子が全く分からないので、参考になりました。
    先日、長男の担任の先生とお話しする機会があり、そこでもやはり中学で学校ワークがあるという話を聞きました。
    私の中学時代はそういうのはなかった記憶があります。(忘れているだけかな・・)

    やはり数学は差が出てくるのですね。。
    その話を聞くと、中学受験の勉強をまったくしていない長男を見ていると焦ってしまいます。
    というのも、先日、小学生統一模試を受けた結果が返ってきたのですが、算数が
    驚愕の点数で・・・・。この世にこんな偏差値の子がいるのかという点数でした…
    今、妹の長女が小4で受験勉強をしているので、一緒に算数の中学受験の勉強に誘うのですが、兄としてのプライドもあるのかなかなかやりたがらず、学校の勉強のみです。。そして、私も長男に対して長女のように学校以外の勉強を見てあげることはなかったし、長男には無理だろうなと思って教えることもなかったので、今になって少し後悔もあります。
    今、長男が自分から勉強のスケジュールを立てて、自分でひとりでに勉強している姿を見ると、中学までのあと半年ちょいを有効に使ってどうにか中学のスタートでいい形をきれないかなぁと考えます。。
    あと1か月もすれば夏休みですので、その辺で7月までの復習+学校の勉強より少し上の問題に触れる時間を作ったりして、挑戦してみようと思います。
    また相談させてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください