長女にキャラ変更の兆し? その一歩が踏み出せなかったのに

長女に関しては、幼稚園時代のことからこのブログに綴ってきましたが(整理できてなくてすみません、記事たどりにくいですよね(^-^;)、今日帰宅した長女、こんなことを言いました。

「今度の授業参観で、1年間でどんなことができるようになったか教室で班ごとに発表するんだけど、長女ちゃん、司会するの。」
…へ?今なんて言った?し、し、司会ですとぉ~?
授業中、めったに手を挙げず、間違えるのを怖がっていた長女が…司会?

いきさつを聞くと、担任の先生が発表会の司会をやりたい人に挙手させたところ、男子はすぐに決定。
ところがなかなか女子で手を挙げる子がいなくて、長女が言うには「みんなずっと手を挙げないから、じゃあ、しょうがないな~、やってもいいかなって。」だそうで。
しょうがないな~って、なぜ上から目線なんだ…(-_-)

担任の先生がちょっと型にはめたがるタイプで、生徒が若干萎縮しているようなクラスなんですよね。
それでも、いつも役を進んで引き受ける子もいるので、なぜいつもの子が挙手しなかったのか不明なんですが。
でも、そういう役割を自分から得に行くことはいいことだと思います。
特に長女のようにひっそりぽけーっとしているタイプは待っていてもそういう経験はなかなか回ってきませんから。

さて、長女が自分からやるって言った司会、どうなるでしょう。
近々参観です。しっかり見守ってきます。楽しみだな~。
たとえうまく出来なくても、次につなげられるような声かけをしてあげたいと思います。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください