小学生版ベーシックが出ます! 「ふくしま式『本当の国語力』が身につく問題集」の低学年向け

ふくしま国語塾の福嶋隆史先生が、低学年向けとしてふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]を出されます。
2/16発売予定とのこと。

早速予約しました!

先生がいわんとすることはとてもよくわかるのですが、子供が使うまたは子供に教えるには非常にかみごたえのある(なかなか自分のものにするのが難しい)ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕だったので、それより使いやすくなっているといいな~と期待しています。

ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集[小学生版ベーシック]の表紙には、「基礎から国語力を身につけたい子、まだ語彙力が十分ではない子に最適!」とあります。
まさに新小3の長女にピッタリ~。新年長の長男も控えているし♪
ふくしま国語塾 主宰 福嶋隆史のホームページの上部に新刊の紹介があり、そこに小学1~3年生向けとあるのですが、小学生版は一般の中学生にも使えるものだったので、どの程度かみ砕いてあるのかが気になるところです。

スタイルとしては、前の本を踏襲するのではと思います(あくまでも予想ですが)。
「『本当の国語力』が身につく問題集」は、独特な形の問題集なので、初めて見る人はびっくりするかもしれません。
ちょっと参考書チックというか。
なので、いわゆる問題集とは違うだろうという前提で、ベーシック版も実際に見てみるといいと思います。
私としては、小学生版を使いこなしたい…けれどまだ上手く生徒に落とし込めないというジレンマがあり、そこをクリアするヒントが欲しいのもあって、予約してみた次第。

福嶋先生の著書の中心は、「言いかえる力」「くらべる力」「たどる力」かと思います。
これは、出口汪先生の「はじめての論理国語シリーズ」にも、形を変えて出て来ています。
我が家には、小3レベルまで全てありますが、どのレベルも短文での練習・理解がメインとなっているんですね。

「はじめての論理国語」はとても気に入っているのですが、しばらく使ってみてわかったのは、読解問題の理解度アップに直結するかというとそこまでではないということです。
論理エンジンや、低学年なら日本語論理トレーニング、中・高学年なら理解度に応じて新日本語トレーニングなどで、もう少し長めの文章をどう論理的に読み解くかという練習をしていかないといけないわけです。
ここに挙げた各シリーズは私のおすすめですが、ここでつまずくケースがないわけではないんです。
はじめての論理国語では問題がなくても、いざ読解となると学んだことが活かせない。
親や講師が思う以上に、国語が苦手な子にとっては、難易度に飛躍があるのかもしれないと思っているところです。

国語が苦手な子たちに、「なぜ、これが答えになるのか」をしっかり説明出来るように、その筋道をよりクリアにできればと考えて、福嶋先生と出口先生の著書で小学生の指導に使えそうなものを入手して時間を見つけては読んでいます
まだまだですが、まず教える側が力を付けなくてはね(^^)
ベーシック版、手元に届いたら、またレビューしますね。

あ、福嶋先生の著書で、私の一番のおすすめは、前にも記事にしましたがこちらとそれに関連する本ですよ。
関連記事:語彙力不足の子供に悩む人へ 「本当の語彙力」がグングン伸びる本

「『本当の語彙力』が身につく問題集」は、反対語と類義語がレベル別に載っており、そこに解説や問題が加えられています。
福嶋先生が考えたオリジナルの問題だそうですよ。
個人的に、活用問題の短文も、ただ解くために読むのではなく、福嶋先生が解説で説いていることを意識して、構成などを考えながら読むのとでは、力の付き方に差がつくだろうとも思います。

はやく2月になってベーシック版を手に取り、長女と一緒に取り組めるよう、準備をしたいですね。
もちろん、寺子屋の生徒たちにも活かせるように。

しかし、はじめての論理国語 小4レベルは4/30発売予定。
購入予約をしてから1年近く待ちました。
さすがにもう発売日の延期はやめて~!!!!

≪おまけ≫
NHKテストの花道 ニューベンゼミのサイトに、福嶋先生が監修された読解問題についての動画があるので紹介しておきますね。
2016/10/31放送分 コジマジックの読解問題スッキリ整理術
※コジマジックさんのテンションの高さにちょいとびっくりした私でした(笑)

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. 孔明 より:

    しーままりんさん、はじめまして孔明と申します。
    別ブログから遠征して参りました。
    少しお邪魔させてください。
    記事を読ませて頂き、わたしも速攻予約しちゃいました(笑)
    わたしは中2長男、小1次男の父でして、ウチではゴミ出し係と共に
    勉強係を拝命しております。。
    中2長男は中学受験したのですが、国語が壊滅的で。。。
    ふくしま式には、大変お世話になりました。(いや長男でなく私が!)
    最近次男の国語の問題集をいろいろ探し、出口論理トレーニングを買ってみたのですが。。。
    ウチの次男、問題集の好き嫌いが激しく、気に入ったものは
    サクサクやるのですが、気に入らないと断固拒否!
    出口さんとは相性が悪いらしく・・・(涙)
    どうしようかなー?と思っていたところ貴重な情報を頂き、大変助かりました。ありがとうございました。
    あとは、次男とふくしまさんの相性が良いことを祈るばかりです(笑)
    それでは、お邪魔致しました。

    • >孔明さま

      初めまして。コメントありがとうございます。
      息子さん、中学受験されたのですね。
      ふくしま式はいきなり子供に与えるのではなくて、親または指導者が並走すべき教材と考えています。
      寺子屋の生徒(公立進学組で特に特別優秀という程でもない)にふくしま式の教材を部分的に活用しましたが、それだけでも生徒は要点を掴むコツがわかったようです。
      その経験から、我が子たちを含め、低学年のうちからしっかりとした力を付けられるように、取入れていけたら…と今回の低学年版には期待していまして、中身も見ないうちに紹介してしまいました(^-^;
      また中を見たらレビュー予定です。
      出口先生の論理トレーニング、応用編でもダメですか?
      我が家は論理エンジンをあまり好きではないようなので、次男くんの「気に入らないと断固拒否!」というのがすごーーーくわかります!
      お互いふくしま先生の教材との相性がいいといいですね♪
      またよろしければぜひお立ち寄りくださいm(__)m

      • 孔明 より:

        お返事ありがとうございます。
        しーままりんさんのおっしゃる通り、ふくしま式は子どもにポンと与えても
        腹落ちするのは難しいと思います。
        ウチの長男の場合は、私が本を読んだ上で、抽象←→具体(つまり、例えば)の言い換えや
        反対語クイズ、「Aだから?」「Bなぜなら?」の”?”を子どもの興味のある文章で
        作らせたりしました。
        これらは、全て口頭でのやり取りです。
        文字にしてしまうとどうしても勉強!と身構えてしまうので、お風呂の中などで
        クイズとしてやってました。
        その上で、実際の問題では「具体で問われたら抽象を答える」とかを説明しました。
        長男はサピックスに通っていましたので、もちろん同じようなトレーニングを
        塾でしていたようですが、それだけではナカナカ。。。
        物語文については、「しろくまさんのABC」などを繰り返し考えさせました。
        こちらはまたの機会に!
        次男には論理トレーニングの基本編と応用編を買ったのですが、できる出来ないではなく
        どちらもイヤだそうです(謎)
        次男はそれほど勉強自体を嫌がるわけではないので、合う問題集と出会えれば親が楽です(笑)
        本当にこの小学生版ベーシックが合ってくれればいいのですが。。。
        しーままりんさんのレビュー期待しています!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください