中学生の話ですが…間違いの中身から成長を拾い上げる 40点台から87点へ

今日の別記事:作文の宿題で まさかのパクリ? というのは嘘ですが

またまた中学生の話ですが、ご興味のある方だけでも。

6a3e11850f77f193f71b2e9aefeb9ecd_s

前に中学2年生の数学が、中間テストで直前の単元テスト40点台から自己最高の71点になりました~!という記事を書きました。(この生徒をAちゃんとします。)
過去記事:中学2年 数学 1週間の集中指導で40点台から70点台へ♪
この子、よく聞いたら、1学期の期末では42点だったので、2学期中間で29点のアップだったそうです♪
次回は…なんてこの記事で言っていたのに、あれやこれやあって書いていなかった、もう一人の生徒(こちらをBちゃんとします)の話を今日はしようと思います。

Bちゃんの方が、私との付き合いはちょっとだけ長いんです。
1学期も直前駆け込みで数学をみたのがこのBちゃん。
過去記事:定期テスト前に中学2年生が駆け込んできた! 小学算数 取りこぼしの蓄積の怖さ
そうです、中2なのに、小数分数の計算ができなくて、その部分をすっとばしていた子です。

Bちゃんは、2学期の中間テストの数学の勉強は、Aちゃんより1週間早くスタートしていました。
なぜこの時期だったかというと、Bちゃんのママが私の知り合いで、「寺子屋は中学生を受け入れてないのは知っているけれど、通信とか他の方法で見てもらうことはできない?」と相談を受けたのがこのタイミング。
それで、通信添削、指導書、動画レッスン、直前の直接指導の合わせ技というスタイルでやってみることになったんですね。

中間テストの範囲は、一次関数でした。
2週間でもそれなりに理解もついてきて、易しめの標準問題くらいまでなら、なんとか自力で解けそうだ…というところまで持って行け、私の感触としてはAちゃんよりも点が取れそうだったんです。
ところが!蓋を開けてみたら、まさかの40点台。
ほとんど点数が上がらなかったんです。

もうね…なんでーーーーー!ですよ、私が!
で、テストの問題と答案と見せてもらったんです。
そうしたら…計算ミス、位取りのミス、転記ミス(ガックシ)で、なんと16点も落としていたんです!
これがなければ、平均点は超えていました。
もちろん、タラレバはいけないことなんですが、「勉強してこなかった子や出来ない子が、勉強するにはすごく大きなパワーがいる」と思っている私。
ここで対処を間違えると「どうせやっても出来ないし。先生に見てもらったってダメだったじゃん。」とマイナスのスパイラルに入ると思い、とにかく答案から出来たところ探しに徹しました。
点は取れていなくても、今まで出来ていなかったけれど出来るようになっていたところを、どんなに小さなことでもいいからと探しました。
すると見えてきたんですよね~。
ちょっと前まで真っ白だった小数分数の計算、速さの問題やグラフを読み取る問題を解いた形跡がしっかりあること。
一部は正解も出来ていること。
ここを「私はちゃんと気付いているよ。わかっているよ。」と発信しました。
これって、長女との勉強でも私は同じことをしています。

Bちゃん、テストが返ってきた日は泣いたそうです。
だって、自分と同じような点しか取れてなくて、自分より短い期間しか私から教わっていないAちゃんの方がずっと点が良かったんですから。
でも、できるようになっていたところ、なぜ点を落としたか、そんな話をしていくと落ち着いてきたようです。
中間テスト直後から、私が立てた学習スケジュールに沿って勉強してくれました。

期末テストは、証明が範囲に含まれるのですが、論理がしっかりしていないと、フリーの証明は書ききれないので、勉強しても取れるかどうか、ちょっと心配な私。
でも、ついこの前の単元テストでは、Bちゃん87点を取ってきてくれました!
それまでたいてい40点台だったそうなので大喜び♪
一方、Aちゃんは中間の結果に気が緩んだのか、はっぱかけても勉強に取り組むのが遅く、20点以上差がついてしまいました。
期末は中間の範囲も含みますから、そこそこの点が取れるか、2人とも難しいところです。

でも、AちゃんもBちゃんも「やったらちゃんと点があがるんだ」という経験を勉強をし始めて早い段階で出来て良かったと、少しだけホッとしています。
受験があるけれど今は部活中心の生活なだけに、じっくり学ぶことに時間を割けないので、私も苦しいです。
本質の理解が出来ているかの確認は今後必須ですね。
まあ、受験までにやらないといけないことがてんこ盛りすぎて、ホッとできたのはほんの少しだけですが(笑)
こういうのを近くで見られると、「よっしゃ!また私も頑張るぞ!」って気持ちになります。

で・す・がーーーーー。
期末から2人の英語も見るようになったのですが、英語がまた…現状を知った時、頭の中真っ白になりました…(T_T)
なので、期末が終わったら早速中1基礎の基礎から復習です。
「今までやってなかった分、覚悟しとけ!」と言ってあります…。

これ、公立中学に進む子に、入学前にやっとくといいよ~って勧めるようなやつなんですけどね…。
だって…sorryのつづりを間違えるレベルなんだもん…。
一歩一歩いくしかないです。

国語の文法や漢字、理科の計算問題(今は飽和水蒸気量とかですね)も、指導しています。
私、何屋さんなんだろーーーー?!
でも、生徒のために頑張ります♪

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. S.N より:

    読んでいて目頭が熱くなりました。
    私がBちゃんの親だったら、点数しか見てないと思います(._.)
    以前よりもどこが伸びているのか、ちゃんと教えてもらえるなんて(T_T)
    答案は点数だけを見るものじゃないんですね。
    中学生、思春期で、本人も大変な時期だと思いますが、
    この時期にしーままりんさんに出会えたことは、宝だと思います。
    Aちゃんも頑張れ(^^)/

    • >S.Nさま
      自分の子供に対してだと、どうしても結果を先に見てしまいますよね~。
      わかりますよ~。
      私なんてどうして生徒には対応できるのに、我が子となると冷静になれないのかってことたくさんあります。
      でも、AちゃんもBちゃんもコツコツ頑張って、期末テストでは結果が目に見える形で表れました!
      これからが楽しみです♪

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください