足を運んでみるものですね 日能研の講演会に行ってきました

99d90234d11ad0cfce4c33e057e2e14b_s

子供たちの自宅での実験の記事も、科学技術館の記事も書きたいところなのですが、ちょっと全く違った話題を持ってきちゃいます。

実は先日、日能研が主催した講演会「知っておこう!子どもを伸ばすコツ」というのに参加してきました。
そりゃあもう、私だって子供を伸ばしたいですから(笑)
メールでの簡単な申し込みでOKで、「日能研からの勧誘等は一切いたしません」とのことだったので、気楽に参加してきました。
※画像はイメージで、実際は地域の建物の会議室でこぢんまりと開かれました。

で、一言…参加して良かったです。
今後どのように教育が変わっていくのか、社会に求められる能力とは何か…いろんな情報が飛び交い、それを整理できずにいた私は、不安ばかり募らせていました。
でも、今回、理路整然と説明していただいたおかげでちょっとスッキリ。
ご自身で情報整理してきた方には今更なことかもしれないのですが、私は情報の波におぼれていたので、本当にありがたかったです。
話の中で私立や中高一貫の良さを訴える部分はありましたが、「それはそうよね~」と納得でき、中学受験という選択肢を頭に入れておくことは大事だと再確認。

また、都内の中高一貫(公立・私立)進学率が25%弱に上ることも、あらためて知りました(平成27年度の都教育委員会の統計より)。
うーん、おぼろげにはわかっていたけれど、数字を突きつけられるときつい…。
あまりの我が家の居住エリアとの違いに驚きます(^-^;
(我が家の周辺、中学受験率低い!それ以前に、進学塾に限らず、通塾率そのものも低い!)
周りに塾通い、中学受験の子が多ければ自然と耳に入る情報も、住んでいるエリアによっては意識しなければ知らないまま損をしてしまうと、気が引き締まりましたね。
つまり、我が家は私が意識して情報収集に動かなければ、「学びたい」と思っていてもその環境を逃しかねないということ。
アンテナを高く持たねば。ふんがー!

中学受験するにしてもしないにしても、判断するのには情報が必要ですよね。
そのためには、こういった進学塾主催の講演会・セミナーに参加するのは、プラス面も大きいのではと感じました。
この勢いに任せて(笑)、別の進学塾のセミナーも申込。
内容的にはずっと先のことですが、それでも私の「知りたい」という気持ちに素直に従いました。
幸い高学年のお子さんの保護者に限定されていませんでしたし、塾生の保護者対象でもなかったので参加OK!
本当にありがたいことです。

進学塾には通わない可能性が今のところ高いですが、先のことは誰にもわからない!
意外と高学年になる頃には、「遅いけど中学受験に向けて入塾しました!学費ヤバいので、私もフルタイム勤務にてお仕事復活!」なんてことになっているかもしれませんし。
長女の成績がイマイチだって今後どうなるかは未知数。
それなら、今から諦める必要なんてないですもんね(と、自分を励ましてみる)。

私は中学受験したとはいえ、もう30年も前の話。
なんの役にも立ちゃしない(笑)
様々な方法で「今の中学受験」を少しでも知りたいな~、そう思います。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください