【6/30申込締切】小3限定 7/10(日)「未来をつくる学びテスト」 日能研の授業料を支援してもらえるチャンス?

68fafbefaa0099d69e97f81bef44c670_s

先日もちょっと触れましたが、あちこちの進学塾で無料のテスト、全国版の物も年に数回ありますよね。
対象学年が細かく分けられて、名称もそれぞれに付けられている無料テストもあります。
テストを受けられる方は、どれを受けるかどうやって決めているのかな~と、一時期にテストが集中する状況を知って、来年、我が子にどれを受けさせようかな~なんて考えています。

でも、その中でも小3限定の「未来をつくる学びテスト」は興味がありますね。
◎国語・算数・科学 各40分のテスト(15分の休憩を挟む)
◎自分の考えを答えにまとめる力が求められる
◎東京・神奈川会場のみ(東京:学習院大学目白キャンパス、神奈川:慶應義塾大学日吉キャンパス)
◎参加した全員に“天声人語書き写しノート”などをプレゼント
詳細はこちら↓
朝日新聞デジタル 第6回未来をつくる学びテストそして、上記詳細ページの※部分に、「いただいた個人情報は、受験票発行、採点・フィードバックや日能研への特別学習支援制度のご連絡に使用するため(以下略)」とあります。

…特別学習支援制度ってなに~?????
我が子は今小2なので今回のテストの対象外ですが、気になって調べてみました。
すると、テスト申込ページの最下部に、「※特別学習支援制度は、未来をつくる学びテスト事務局が、日能研での一定期間の授業料等を支援するものです。」とあるじゃないですかっ!

すごいですね~!一定期間というのがどれくらいなのかわかりませんが、テストの結果次第では授業料等を支援していただけるなんて、とても夢のある企画!
ネットで検索すると、2年前の書き込みではありますが、こちらの企画の対象者となった方は「3年生の9月から1年間」の支援だったようです。
今年のテスト概要を見ても、支援期間等の明記がないので、今年の特別学習支援制度の詳細はわからないのですが、いずれにせよありがたいことですよね!
こちらの支援は、主催が朝日新聞社、協力が日能研とのことなので、朝日新聞社または関連会社からのもののようです。

そして、日能研にもスカラシップがあることを知りました。
日能研 ユースリーダース・スカラシップ
ただ、こちらは日能研が支援するもので、「高い学力の資質を有し、確かな学習意欲と目的意識を持つ子どもたちとその保護者に対して、私立中高一貫校進学に向けて実践される日能研の通室プログラム費用すべてを支援」とあります。
小4なら1年間、小5・6なら半年間の日能研本科教室の費用が免除とのこと。
上の特別学習支援制度を利用して、その間にスカラシップの認定を受けた方もいるようです。
力を付けていくとそんなチャンスもあるのですね~。
我が子がどうこうというのは置いておいて、こういう企画は夢があるな~と思います。

我が家はいまのところ、経済的な理由と子供本人の精神年齢から、早くからの通塾はしないと決めています。
高齢夫婦しかも主人の収入に頼っているもので、教育費だけでなく老後のこととのバランスも考えておかないと…(^-^;
年長から小1の学研教室も、やむにやまれず通いましたが、それも予定外でした。
でも、「未来をつくる学びテスト」の支援対象者になれたら、子供の状況次第では、ありがたく通わせてもらうだろうな~。
来年、長女に「未来をつくる学びテスト」を受けさせてみようかな~と思える土台を、1年かけて築けたらいいなと思っています。

小3で東京・神奈川にお住まいのお子さんは、無料のテストですので力試しにぜひ!と思います。
しかし…算数の過去の問題ページへテスト概要ページから飛ぶことができますが、国語や科学ってどんな問題が出るんでしょうね。
知りたいわ~♪

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください