2016年4月栄光ゼミナール ジュニア統一テスト まさかの国語偏差値28ですってよ!

えーーーーーと、ちゃぶ台ひっくり返していいですか?
そんな気分のしーままりんです。

春期講習を受けたその流れで、いつもの学力診断とは違った感じの問題が出るかもと、栄光ゼミナールのジュニア統一テストを長女に受けさせました。
もし、長女にとって難しすぎた時に、「もう勉強イヤ!テストイヤ!」ってことになると困るので、事前に「精一杯考えて答えることが大事なテストだよ。満点が取れるような問題かはわからない。とにかく長女ちゃんが、『これ以上頑張れない!』ってところでどれくらい出来て、どこで間違えるかを知るためのテストなんだよ。」と話して受けに行かせました。
いつもの学力診断でもミスやらなんやらやらかしているので、どうなるんだろうとは思っていましたが…はぁ。

タイトルにも書きましたが、

国語の偏差値28ですってよ!
算数?算数は偏差値45、総合で34ですって!!!!!!!
パタリ…ブクブクブク…(泡拭いて白目むいて倒れていいですかね(-_-))

パパは大笑いしていました…気楽でいいなぁ。
まあ、それで我が家はバランスとれているところがあるので、いいっちゃいいんですが。

証拠写真はこちら↓
160422ジュニア統一テスト4月

栄光の先生から、「ちょっとお母様、今回の結果はあまり気にせずに…」って言われましたが、これが気にせずにいられるでしょうかっ!!!!!!
先生から話を聞いたところ、どうやら長女は問題用紙と解答用紙が別々という形式にパニクってしまって(長女にとって初めてのテスト形式です)、問題を解く以前に「わからない~」と大混乱を起こしてしまったそうなんです。
先生方が、「この答えはここに書くんだよ」とフォローをしたり、なだめたりして下さったそうですが、理科実験教室で長女を見たことのある先生からして、「これは普段のとおりにはとても出来ないな」と思ったそうです。
混乱した後は、グダグダモードだったとかで、もう話を聞いて先生方に申し訳なさ過ぎて、顔から火が出そうでした…(泣)

でも、栄光の先生は優しくて、「まだ低学年ですから、そういうお子さんもいます。今までの結果も見ていますが、今回は力を出す以前のところでつまずいてしまったので、直しに力を入れてあげてください。」とコメントくださいました。
優しい…優しすぎて…涙出そうでした。
テストの場で、本当はこんな状態になる子、そうそういないだろうなと思うと、ちょっと沈んだ気持ちに…。

少し落ち着いてから考えれば、ジュニア統一テストの翌週にあった理科実験教室の前の創造思考サーキット(ちょっと考える問題も入った学力テスト)、嫌がっていたんですよね。
栄光のテストは、「実験のためなら行く」って感じだったのに。
きっと、ジュニア統一テストの時の動揺が思い出されて、テストがいやだったんだろうな。

いや~、初めて見たわ、偏差値28って。
でも、なんかここまでくると、落ち込むも何もない気がしてきました。
だって、偏差値28からなら後は上がるしかないじゃないですか!!!!!

答案を見たら、国語は完全にテンパっていて、読解は全て白紙、普段間違えたことのない語句の問題も×に。
これだけ書いてなければ、そりゃ30点、偏差値28だわ。
平均点は70点なのになぁ…(´;ω;`)
算数はいくらかマシで66点(平均72点)だったものの、これまた普段間違えないところで×。
そして、引き算の問題を作るというのがあったのですが、ほんのちょっとだけひねってあって、これは問題を作ってはいたものの、設定をちゃんと読めていない、完全な誤答でした。
これも学研でやっていて、今ではほとんど大丈夫だったのにな~。

本当にこれは直しが大切なテストだと思いました。
正直、テストの形式が変わっただけでこんなに乱れてしまうのかとショックを受けています、私が。
でも、いつもと違う形を経験できたのだから、受けさせて良かったです。
これをプラスにできるかどうかは、復習にかかっていますよね。
中途半端な理解で丸になってしまうより、理解不十分なところが今わかって、きっとよかったんですよね!
落ち着いて解いた時にどこを間違えるか、よく見てあげたいと思います。
あ!でも、こんな成績でも1つだけいいところを発見しました。
色板の問題、そう図形分野の問題で、1問だけですが、ついに正解できていたんです!
これは嬉しかった~!
冷静になってみると、答えを書いたところは、結構正解してるな~。
…どんだけ空欄なんだっていう…ね。

さあ!もうここからは上がるだけだ!
いや~、知恵系2年さかのぼりもきつかったけど、今回のもなかなかにきついですわ(^-^;
でも、ここまでくると、開き直りの境地ですね!
もっと下に行くかもしれないけれど、上がる余地があり過ぎて、やりがいあるじゃないですか!(ちょっと強がり?)

今日だけちょっぴり凹んで、明日からは切り替えていきます!
今がゴールじゃないですものね。
親がへこたれてちゃ、子供に笑われますね。
長女にとっては試練続きだけど、これを乗り越えて、きっといつか心の強さやしなやかさに変わってくれることを信じて。
勉強が出来る出来ないも大事だけど、自分にとっての壁を乗り越える経験も大事。
がんばれ長女、がんばれ私!

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. さまよえるレンママ より:

    はじめまして!
    末っ子が新小2なので時々読ませてもらってます。
    ウチの上の子も偏差値28とった事ありました、口あんぐりですよね。テスト直し、ウチはできなかったですー
    しばらく海底をさまよってたけど、でもその後イロイロあって偏差値60前後まで行きましたよ。平均点プラス10点程度ならすぐなので、気楽に考えてくださいね

    甘いかもしれないけど、今回はテスト直しも無理にしなくてもいいんじゃないかな
    80点のテストなら見直ししたら、悔しいガンバロウって思えるけど、、テスト直し、辛いですよー

    しーままりんさんとこは家庭学習もはじまっているし、一年後ぐらいにタイムカプセルみたいに掘り出してみたら、「昔はこんなんだったんだね、あはは」ってなるような気がしますよー

    • さまよえるレンママさま

      はじめまして!コメントありがとうございます!
      上のお子さん、偏差値28とったことがあるのですね!
      しかも、その後、偏差値60前後までいったと…なんという望みが出てくる例でしょう!
      ありがとうございます!
      そういうお子さんがいるって知ることができてうれしいです。

      >平均点プラス10点程度ならすぐなので、気楽に考えてくださいね
      ほ、ほ、ほんとですか?
      問題形式でこんなに振り回されちゃうって、どれだけ柔軟性がないんだ!とドヨーンとしていました…。
      問題に取り掛かる以前の問題ですよね…あは。

      うちの長女は、まだ点数に無頓着なので、今回みたいなテストでも直せるのは今のうちかもとも思います。
      点数などは特に伝えずに、間違ったところを一緒にやってみようと思います。
      さて、どうなることやら(笑)

      1年後、笑い話になるように、家庭学習で無理せずコツコツ進めていきたいなって思っています。
      来年、偏差値28だったな~っていう記事を笑って書きたいものです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください