朝勉強と夜勉強と 集中力のない長女のために学習時間を分散させてみた

404879

学研教室ををやめて2週間。
少しずつですが、ペースがつかめつつあります。
実質、春休みが開けてから1週間やってみただけですが…(^-^;

家庭学習となると、時間はあるので、ついついあれもこれも補強しなきゃと考えてしまって、教材や学習時間が増えがち
私だけでしょうか…なんだかとても心配で、たくさんやらないといけないような気になってしまうんです。
でも、長女はこっちが用意したからといって、すんなりやるようなタイプではありません。
そして、取り掛かってもサクッと終わらせるようなタイプではありません。
よほど気が乗った時しか、集中力80%以上の発揮はない感じです。とほほのほ。

そして、学習の場が、学研から家にうつったのは、長女にとって大きなことで、1時間まとめての学習が出来ていません。
長男に引っ掻き回されて、無駄に時間が取られ、集中すれば数分で終わるものも、倍以上の時間がかかっている状態。
ミスが多発するわけではないのですが、集中力に欠けた学習を続けるのは、今後に大きなマイナスではないかととても気になっていました…。

学校の宿題を最優先に、計算、漢字、少しでも先取りを、パズル系もさせたい、頭を使う勉強もさせたい、そういえば読解も…私の中でまだ取り組む課題の優先順位が曖昧かもしれません。
計算が不得意なわけではないので、他の問題を解かせる中で触れるだけでもいいのではとも悩みましたが、競争心がまだないせいか、早く正確に解くことに意識が向きません
ゲーム化するといいとよく言われますが、ストップウォッチを使ったりするのを長女はとても嫌うので、それも難しい面があります。
とにかく、スピード感が全くないんですよね…。

そこで、夜にまとまった時間をとって落ち着いてやろうとしても無理なら、朝しかないと朝にも学習時間を取ることにしました。
朝勉強をしている方は少なくないとは思うのですが、我が家は朝のみでは質量ともに全く足りない状態になりかねないので、朝と夜に分散することにしました。
そもそものきっかけは、一日の学習が終わらず、グダグダになって長女が文句を言い始めたこと。
残りは毎度翌日に持ち越しでは、1日の分量としては学研時代より減ってしまう上、弱点強化したいのにそれもできず、思ったように力をつけられないと危機感が。

長女も「学研よりも少ない問題しかやってない」というのは不安なようで、朝学習を了解してくれました。
ポイントとしては、

①朝ごはんを食べるのが先
②1日の勉強量をはっきり見せる
③長男が起きてくる前までが勉強時間
④ママが終わりといったら終わり(集中力が欠けている時などは夜にまわす)
⑤予定の勉強が全部終わったら、好きなことをしていい
⑥長女が「もっとやりたい!」と言った時以外、後から量を増やさない(増やすなら事前にこっそりと・笑)

たった1週間ですが、ひたすら試行錯誤。
朝ごはんを食べるのが、長女はこれまたのんびりなんですが、終わりの時間を決めてしまい、過ぎたらおしまい。
1回、ぼーっとしすぎでパンを数口しか食べられず、毎日しっかり朝ごはんを食べる長女には、とーっても残念だったらしく(しかも大好きなチーズトーストだった・笑)、時間を少しは気にしてくれるようになりました。

朝学習初日には、しょっぱなに計算ドリルをしましたが、終わらせる目安の時間の倍以上かかっていたんですね。
一応、ストップウォッチでどれくらいかかるか測ってみたんです。
解いている間、「(時計を見ては)もうあんな時間!」「そんな早くできないし。」「んーとんーと。どうしよ。どうしよ。」と無駄口ばかりで、手は動かず、頭は働かず、おふざけで時間が取られているという…(怒!)
で、5分ドリルのところ、12分かかるという…_| ̄|○
そこで、「ママは5分で終わらせなさいって言ってないよ。今、一生懸命やると長女ちゃんはどれくらいの時間で解けるのかが知りたいの。しゃべっている間に問題やった方が早く終わると思うよ。早く終われば遊べるのに、長女ちゃんはずーーーーーっと「早くやらなきゃ」っておしゃべりしたいみたい。」と。
ま、その日は憮然とした顔をして登校しましたよ(笑)

でも、次の日からすこーーーし変わってきました。
かかる時間は半分に。(「だったら最初からやれ~」という心の声は封印。)
目安の時間にはまだ及ばないし、まだちょこちょこしゃべりますが、変わってきました。
この前は数回しゃべったせいで、目安時間を数秒超えてしまいました(大笑)
もう長女らしすぎて、私も笑うしかなく…。
さすがにそれは長女から見ても、もったいないと思ったみたいで(やっとかい…)、「ぎゃーーーー!やっちゃった~(めっちゃ笑顔)」とおどけつつ頭を抱えていました。

朝やるのに長女に合っているのは、計算、漢字、算数ラボ 考える力のトレーニング10級、国語の読解基礎ですね。
夜でないと厳しいのは、算数のちょっとひねった問題。国語のちょっと長い文章題や、難しい設問。
これは、終わりの時間が決まっている(朝は、学校に行かないとですよね)と、焦ってしまってパニックになってしまい、出来そうな問題も最初からシャットアウトしてしまうから。
とにかく焦りばかりで、「読まない・考えない・何もしない(爆)」。
朝6:30に起こしている(朝弱い子なので、体内時計の調整中)ので、時間は十分なはずですが、心理的な部分が大きいのでしょう。
「こりゃ、まずい!」と思ったら、私の方から切り上げます。
慌てないでいいよと、ゆっくり考えていいんだよと。だから、夜にやろうね、できなければ一緒に考えようね…って。
これは慣れと心の成長を待つしかないのかな。
でも、朝自分で起きられる日も出てきたので、早起きはいいですね♪
ぶっちゃけ、それだけでも大きな成果かも。(甘いな~、私も(^-^;)

一番恐れていた、学研辞めたら何にも勉強しなくなっちゃった!という状態は、今のところ避けられています。
それに、苦手だった知恵系の問題だって、算数ラボの10級のはじめの簡単な問題から始めたからか、「これ、楽しい!」と嫌がらずにやってくれています。
そこは良しとして前へ進もうと思います。
最初から上手くいったら最高だけど、なかなかそんなにうまくはいかないですよね。
私が焦ってはだめですね。ファイトファイト!

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメント

  1. ティンクル より:

    お久しぶりです!毎回、参考になる記事を
    ありがとうございます。
    私の長女も2年生に進級しました。
    1年生の間に家庭学習を習慣化して、成績も良い結果が出たので、2年生も引き続き家庭学習に頑張っていましたが…
    2年生になってから、集中力がなくなり
    最近は学校の授業中も聞いてなかったりしてる事がある様子です。
    色んな原因を考えて見ますしたが、これが成長期なんだとわかりました。
    わかっていても、やる気のない態度や集中していない姿に、イライラして怒ってしまいます。それで、家庭学習も重い時間になって来ました。
    私は家庭学習で本人の苦手なところや得意なところを知って起きたくて低学年の間は
    家庭学習と思っていたのですが…
    早くも、親子での勉強が難しくなって来たように感じます…。
    学習塾にお任せして、宿題やそのホーローをした方がお互いに良いのかも…と思い初めてます。
    3年生までは、家庭学習でやっていけると思っているのですが…

    • ティンクルさま

      お久しぶりです!
      小1の1年間、早かったです!もう2年生ですね。
      ティンクルさんのお子さん、家庭学習が軌道に乗っていたのに、難しくなってきましたか?
      もしかして、パワーがあふれて他に気が散っている感じですか?

      なんだかうちの長女、そんなキャラじゃなかったのに、すっごいパワーで外遊びガンガンです(これ、大歓迎なんです)
      でも、やらなきゃいけないことにそっぽ向く感じがあって、ただでさえちゃんとしていなかったのにどうしましょ…っていう状態なんですよ。
      そして、やれるのにやらない態度に雷がドッカーン!です(^-^;

      3年、4年はギャングエイジと呼ばれる頃みたいですから、それより前に家庭学習の習慣を…と思っていますが、そうはうまくいかないかもと覚悟も。
      できれば、3年、4年まで家庭学習でいけたらと思っていますけれどね。

      しかし、ほんとどうして親子勉強ってこんなにも難しいんでしょう。
      うまくいっているご家庭にお話を聞きたいものです。

  2. ニューkinu より:

    初めまして。
    ニューkinuと申します。

    何かでこちらのブログを拝見したことがあったのですが、あっぷーさん(個人名?を出していいのか分からないのですが)つながりでもこちらのブログのことを知り、最近すたろぐと並行で可能な限り拝見させていただいています。

    私は、小6長男、小4長女、年長次女の3児の母です。
    長男は公立中学進学予定(精神年齢が遅な過ぎて中学受験モードにはもっていけず。ただ、今は猛スピードで成長中で、本人の本心的には受験(公立一貫)を望んでいるようですが、あまりにも無謀なため、高校受験を目指して頑張っています)
    長女は中学受験希望のため、小3の秋から通塾しだし、いろいろあって、小4の春期講習で退塾し、現在は私と夫で自宅学習に切り替え勉強を見ています。
    次女は早期教育に力を入れている?幼稚園のため、早熟気味?の年長です。

    あっぷーさんのブログで自宅学習の楽しさを知り、最近は家族全員で自宅学習を楽しんでいるつもりではいますが、毎日悩みは尽きず、今日もどんなドラマが待っているのか、子供たちが帰るまでの間、帰宅後の戦争状態の前の嵐の静けさのなか、パワー充電中です。

    目下長女が一番心配です。
    というのも、中受は私も夫もやったこともないため、どうやって家庭学習で勉強していったらよいのかがとにかくてさぐり。もともと、私が勉強を見てあげるというスタイルはあったので、親子での家庭学習はしていたのですが、あきらかに学校の勉強とは違う。さらに、受験はしないけれど、学校の勉強以上中学受験以下の勉強を望む長男の勉強のサポート。こちらは、小6ともあって一人でに勉強スタイルに変化したので、今は経済的なサポートとと、情報提供に徹し、私が直接教えることはなくなりました。(正確に言えば、教えられない…という感じですが)
    さらに、無駄に早熟で理解の早い次女の勉強(なんでもやりたがりで、小学生2人の勉強中に邪魔にならないように?私がkinu塾と称してお勉強あそびみたいなことをやっています)
    当たり前ですが、3人3様で全員が目指すところも性格も勉強スタイルも見事にバラバラで、いろんなことがありすぎて、すべてが手探りで、日々アタフタしております。

    どの記事もとても参考になって、コメントしたくなってくるものばかりですが、
    なんとなく、長女ちゃんとうちの長女は似ているのかな?と思ってこちらの記事を自己紹介兼初コメントにすることにしました。

    うちの子も幼稚園時代~小2まで学研教室に通っていました。
    学研は公文と違って(公文に行ったことがないので学研の先生談ですが)
    漢方薬のようなもの?と聞いて、いつか役に立てばいいなぁ。やんわり効いてくるといいなぁと思って、まだ幼稚園時代に余裕のある時から通っていました。
    小2の7月までに国語は小3まで進み、算数は少し先取りしたものの、完全に先取りは長女には意味がないとl気が付き、結局そこが一番の原因で学研を辞め、私の勝手な迷走で、計算力をつけるために算盤教室に通いました。小2の7月から小3の3月まで通い、相当な計算力はつき、数字アレルギーの初期症状は緩和されました。あと、集中力も?
    ただし、概念理解が弱く、算数の数字のイメージ化などは弱く、やはり数字に興味がないのか、中学受験算数でもろに躓き、もやもやとした日々を送っています。
    この辺、あっぷーさんのブログでも大変お世話になっているところです。

    もともと読書量が半端ないので国語力だけは高めだったのですが、算数とのギャップが甚だしいです…。

    それと、早生まれなものと、もともとのんびり屋さんなところがあって、
    学校から帰って(学校では優等生キャラ)の行動が遅すぎて、自宅学習へのスイッチが切り替わるのが遅くて、中受勉強の集中できる時間を確保出来ずに悩んでいます。

    学校から帰ったら、
    ・手あらい、うがい
    ・必要あれば着替え
    ・連絡帳、お箸セット、水筒を出す
    ・おやつを食べる
    ・学校の宿題をする
    ・家庭学習をする(中受むけの勉強をスケジューリング化しています)
    ・ご飯
    ・お風呂
    ・明日の学校の準備をする
    ・寝る準備をする
    ・寝る

    という流れでいるのですが、その一つ一つがいちいち遅い…と感じてしまいます。
    ダダラダとしている時間があったり、気が付けば本が大好きなので夢中で本を読んでいたり。時間割が適当だったりするので、忘れ物が多かったり。
    とにかく時間を切って行動する。終わりの時間をイメージして(21時には就寝という約束)行動しないといけないのに、彼女だけ36時間時計で動いているのか?と思うほど、時間感覚がありません。。。。。。

    初めてにもかかわらず、どんどんヒートアップしてきました。すみません。

    ま、そんな感じなので、「時刻」「時間」の単元では相当つまずきました(苦笑)

    こんなことを書いている私ですが、私自身時間管理が苦手だったり、
    大学は私立の文学部に進んだことからわかりやすいように、算数は大の苦手で、
    高校時代、算数のテストができなさ過ぎて、200点満点の8点とか….模試の大きな解答欄があまりにも白紙すぎるので空想のお話を作ったり…
    あまりの出来の悪さに早々に国立をあきらめ、私立に逃げたくちです。
    なので、長女を見ているとまるで自分の生き写しを見ているようで(顔も似ています)
    余計にイライラする一方で、あぁわかるな…と思ったり。だからこそ、私みたいになってほしくないという気持ちが強くあります。

    そんな私ですが、せっかくのこの今の時期を大事に、子供たち3人と楽しく家庭学習ができたらいいなという思いは強く、毎日試行錯誤で頑張っています。
    こちらのブログでたくさんのことを学ばせて頂きながら、活かせて行けたらなと思っております。
    どうぞよろしくお願いいたします。

    • >ニューkinuさま

      お返事が遅くなり申し訳ありません。
      あっぷーさんのブログからこちらに来て下さったとのこと、ありがとうございます。
      私もあっぷーさんのブログで一念発起、家庭学習がんばろう!ブログも始めちゃおう!となったんで、あっぷーさまには頭が上がりません。
      あっぷーさんのところのようにググッと成績が上がる…とはいかず、泥沼化しており、参考にならない愚痴ブログになりつつありますが…(^-^;

      ニューkinuさんは3人のお子さんをお持ちで、それぞれかなりタイプが違いそうですね。
      我が家も長女、長男で全く性格が違い、学習への態度も得意教科も正反対なので、家庭学習の進め方も異なります。
      只今小3長女、家庭学習絶不調にいきなり陥っています(まだ記事に書いていませんが)。
      全てがダラダラ。やればそこそこ早く終わるのに、とりかかるのも進めるのも遅くて、とてもイライラしている状況です。

      我が家は成績が上がったとかそういうレベルではなく、家庭学習の習慣づけで悪戦苦闘って感じなので、果たしてお役に立てるかはわかりませんが、親のつらさはあちこちににじみ出ていて共感いただける部分もあるかもしれません。
      我が家の家庭学習の様子を正直に綴っています。
      またぜひ遊びにいらしてくださいね。

  3. ニューkinu より:

    お返事ありがとうございます。
    お忙しい中、丁寧に答えていただき、大変うれしく思っております。

    うちも何もかもがバラバラ。性格、得意教科、受験、非受験、幼稚園、小学生…
    それぞれの家庭学習の進め方、アプローチの仕方が違うので日々試行錯誤です。

    長女ちゃんの記事拝見し、同じ親として同じようなタイプを持つ子として(うちは少し勝気があるタイプではあるのですが、マイペースです…)
    すごく心揺さぶられ、代弁してもらったような気持ちになりました。

    ちょうど昨日、学校から帰ってきて勉強に取り掛かるまでになんと70分もかかり、
    その間、おやつや学校の片づけがあったとしても、あまりにも時間を意識しない長女に怒りをぶつけてしまいました。日ごろから長女のそういうところが目に余り、
    母子関係が悪化することが日常化しています。

    昨日は、校外学習で消防署見学に行ってきたこともあり、
    疲れたんだろうなぁと思って大目に見たかった気持ちは多々ありました。
    しかし、中受勉強を自宅学習で始めた今、どうしても学校の勉強以上の勉強量をこなしていかないといけないため、当然それなりの学習時間は必要となり、
    それを本人も自覚しているにもかかわらず、全く時間を意識しない長女に
    ついつい声を荒げてしまいました。。
    その後の葛藤はまさにしーままりんさんと同じです。

    しーままりんさんのブログは、同じようなタイプの子を持つ母として赤裸々に綴ってあるので、とても共感がわきます。まだブログの全部は読めていないのですが、時間を見つけて拝見したいなぁと思っています。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください