顔合わせをかねて 初めてスカイプ(Skype)を使ってワンポイントレッスンしてみた~!

少し前に記事に書いた、少し遠方の生徒さん
お母様とは面談済みでしたが、生徒さんとはまだ私は直接会ってはいませんでした。
お仕事をされているお母様、なかなか自由に時間が取れるわけでもないので、これからのやり取りをスムーズにするためと、顔合わせの意味を兼ねて、生徒さんとスカイプを使ってご対面~という運びになりました。
緊張をできるだけなくすため、お母様に横についていただく形です。

234048

実は私、スカイプって7年以上前に使っていたのですが、それっきりご無沙汰…。
アプリを入れてもいなかったので、あれやこれやとわからないことが出てきて、てんやわんや。
事前準備であたふたとしてしまいました~。
いや~、浦島花子状態でございましたよ(笑)

せっかくなのでビデオ通話にしたのですが…面白いですね、スカイプ。
普段は使うことないな~って思っていたのですが、慣れればポイントレッスンくらいはいけますね~。
通常のレッスンのように、手元を見たり、パパッとヒントを書き込んだりとかはできないですが、寺子屋に通えないお子さんにはありだな~と思いました。
電話だけだとちょっと厳しいですが(私は割と生徒の顔や態度も見ながら進めるので)、ビデオ通話なら30分くらいならできそう。
もちろん、上手く進めるために、通常の少人数個別とはまた違った準備や私の工夫も必要になるでしょうけれど。
テクノロジーってすごいわ~!(←めっちゃ浦島花子…(^-^;)
今回のスカイプでの顔合わせは良い経験になりました。

お勉強の話をしながら、生徒さんの趣味について話を聞いていた(作文前のヒアリング)のですが、工作が好きとのこと。
そこでお願いして作品を見せてもらったのですが、これがまた素敵なレゴの作品で!
私、感動しちゃって、「すごーーい!」を連発しちゃいました(*^▽^*)
これまた工作大好きな長女ちゃんをパソコン前に呼び寄せて見せたところ、めちゃくちゃ興味津々!!!!!
関わりを持ちたい気持ちが溢れちゃったみたいで、長女がやたらとちゃちゃを入れ始めたので、「今は~くんのお勉強中だからね~」と引き離しましたとさ…(笑)
そういう状況になりうる時間帯ということを踏まえての顔合わせだったので、お母様にもご理解いただけて助かりました(^-^;
長女は私の生徒さんとパソコンごしにでも会えて、とても嬉しかったみたいです。
そして、スカイプをとてもおもしろがっていました。

何より表情が見えるのがいいですね。
作文のためのヒアリングとして、気持ちを引き出すというのをやったのですが、隣にお母様がいるので、私の話をそのまま聞いてもらえます。
それを元に、親子で一緒に考えたり、別の機会にお母様がやり方を真似したりもできるわけです。
今回の生徒さんが、初対面の私にも臆せず自分の言葉で話してくれたので嬉しかったな~♪
それに笑顔が可愛くって~!!!!!
またこういう機会が作れたらいいなと思います。

スカイプを使った指導、帰宅時間の遅くなった中学1年生たちにも活用できないかと考え中です。
遅い時間でもスカイプなら、私も対応しやすいですしね。
子供たちの声がちょっと邪魔かもしれないけれど、勉強でわからないところをそのままにしておくよりはマシなはず。
いくら近所とはいえ、夜の遅い時間に通塾のための時間を割かなくていいのは、ポイント高いですよね。
なーんて、こんな風に考えていてニーズなかったら悲しいけれど(^-^;

いや~、楽しいスカイプレッスンでした♪
もう少しレッスンの進め方、研究しようと思います(^^)/

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください