パズル系問題集が苦手な子に 「算数ラボ」 小2長女は10級から

長女は頭が固い…本当に固い。
試行錯誤をして答えを探っていく問題は、本当に苦手。
「わかんない!」とはなから拒否しているような感じです。
これはしばらくは私も一緒についてやっていった方がいいんだろうなと思っています。
一緒にやって、発見して驚いて、「できたー!」を繰り返す…そして、それを自分で味わえるようになるまで見守る…。
頭を柔らかくするのにパズル系はいいよと聞きますが、とにかく問題の諸条件とかをたどっていくのが、長女にはまだ無理なんですよね~。
さすが知恵系2学年さかのぼり、そう簡単には追いつけないですね(^-^;

長女がハマりかけのパズル系問題集として、天才脳ドリル/空間把握 初級天才脳ドリル/仮説思考 初級がありますが、文章を読んであらゆる条件を把握した上で解いていくような問題の経験も積ませたいんです。
そう、今長女を見ていると、サクサク解ける簡単な問題に慣れてしまい、頭に汗をかいていないと感じるからです!!!!!
これでは近いうちにつまずくのは目に見えている…。

とっかかりとして、とても評判の良いこちらのシリーズも、随分前に購入済み(はなまるリトル1ねんせいちのうあそび 下もセットで)なんですが…

ところが、購入当時は長女にさせてもちんぷんかんぷん。
そこで、対象学年を下げてこちらも購入(きらめき算数脳 入学準備~小学1年生 かず・りょう (サピックスブックス)も)。

こうして見ると、どれだけ買ってるんだって話なんですが、とにかく効果の高い物をと思うと評判の良い教材に目がいき、でも長女の力が全く教材に追いついていなくてまた教材探しの旅へ…というのを繰り返していました。
ところが、そのうち、学習の取り組みが雑になって、他の問題集どころじゃなく放置…。
でも、2年生になる直前になって、ちょっとだけですが抜粋してやらせてみたら、「ん?できる問題が結構増えてきたかも?」と手ごたえを感じたんです。
とはいえ、バンバン楽しんでやるかというとそうではない…。

うーーーーんと悩んだ末に、とっつきやすそうな、算数ラボ 考える力のトレーニング10級を1冊仕上げることに決めました。

対象学年が1・2年生なので、序盤はすっごく簡単なものも。
簡単すぎるのは飛ばして解かせようと思います、時間もったいないですしね。
今回、重視したのは、とにかく長女がとっつきやすいこと!!!!!
160406パズル系比較2
この画像の左が、きらめき算数脳 入学準備~小学1年生 ずけい・いちで、右がきらめき算数脳(小学1・2年生)なんですが、カラーでイラストも使われているんですが、字や絵がびっしりですよね。

一方、こちらは左がはなまるリトル1ねんせいちのうあそび 下で、右が算数ラボ 考える力のトレーニング10級です。
算数ラボ10級の中盤くらいのページをチョイスしましたが、余白が十分にとられていることがわかるでしょうか。

160406パズル系比較

長女はまだガンガン問題集やドリルを解き進めるという状態になったことがありません。
ましてや苦手な知恵系の問題集。
それならば、これくらいならやってみようかな…って思わせることが大事かなと。
きっとね、小2でもどんどん進んでいる子はいると思うんです、そう思うと焦ります、正直。
でも、もともと2学年さかのぼりだったんだから、「苦手→嫌じゃないかも」にすることの方が先決って思ったんですよね。

そうそう、はなまるリトルのちのうあそびは、算数に限った問題ではありません。
記憶だとか言葉遊びといった要素がふんだんに盛り込まれているので、ちょっときらめき算数脳や算数ラボとは違った作りに思います。

長女に立ちはだかる大きな壁、知恵系の問題集。
どうやって進めていくかですが、算数ラボとはなまるリトル ちのうあそび1年生の下を並行で、簡単すぎるものは飛ばして進めようと思っています。
それが終ったら、きらめき算数脳かな~。
そこまで進めたらいいなと思っています。

さあ!新学期!ママも気合入れて家庭学習の準備、頑張るぞ~!!!!!
(今まで寺子屋で精一杯でわが子が後回しだったよ、すまぬ~(^-^;)

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください