新年中の長男も ぼちぼちドリルや問題集始めるか~? 「小学校で伸びる子ドリル」

今日は既に記事をアップしていますが、もうひとつ。

すみません、なんだかゆる~い感じのタイトルで。
新小2の長女もまだまだサポートが必要な中、長男にも学習をとなるとてんてこまいで、うまく進められていません
長男、ひらがなは読めるくせに、お勉強となると「読めない~!ママ読んで~!」となり、長女と長男でママの取り合い…そして、喧嘩…そして…私の「うーるさーーーーーい!」で終了…チーン。
まあ、問題の内容を把握するという意味での読みが出来るかというと、やはりそこはまだまだなので、ついていてやらないといけないのかなとは思います。
長男は長女の様子をよく見ているので、「勉強するのはいいこと」と既に知っています。
だから、「算数好き!」とか言うんですよ、本当かは知りませんが(笑)
きっと勉強を始めるにはいいタイミングなんだとは思うんですよね。

本屋に行っても、長女に買うのはしっかりした問題集、本になっていたり、カラーだったり。
長女はそのままやるより、コピーしてプリントにした方がやりやすいというので、私がコピーをしているんですが、いつも無料プリントを渡されている長男は市販のドリルがうらやましくて仕方ないらしいのです。
親的には幼児のうちから高いドリルは買いたくない~!かけるべき時にお金をかけたい~!と思うものの、そんなに言うならと買ってみました。

小学校で伸びる子ドリル 初級: 小学校で伸びる子の秘密はお受験教室にありました(めやす2~4才)もありますが、我が家は中級・上級のみ購入。
…長男、長時間はまだまだ無理ですが、30分くらいならやりますねぇ。
長女と違ってスタートに関してだけ言えば、めちゃくちゃ楽です…。
夜寝る前に「お勉強したい。」って言って泣くのは勘弁してほしいけれど…(^-^;

このドリル、内容的にはいろんな幼児向け知育ドリルのいいところをかき集めたような感じです。
お値段が1冊1296円…高いとは思ったのですが…魅力的なタイトルに負けたしーままりん…(苦笑)
ただ、これ、切り離しがとても楽です。

160326長男ドリル1-1
こんな感じで、冊子に残るのは親が読む問題文の方(こちらは漢字表記)。
子供たちが使うページは、点線に沿って既に切り込みが入れてあり、ピリピリピリ…と簡単に切り取りがしやすくなっています(それで値段が高いの?)。
長男は自分の好きな分野だけ、どんどんやりたがるので、好きじゃない線描きや転写は最後まで残ってしまうかもしれないので、手間なしで切り離せるのはありがたいです。
まあ、切り離しはハサミでするような形でもいいんですけどね、こんなに親切でなくても。

中身はこんな感じ。テーマを見ていただくと分かるように、同じ分野のプリントは繰り返さないような作りでしょうか。
長男は、好きな分野を混ぜつつ、いろんな分野のプリントというのが、一番はかどるので合っているんです。

160326長男ドリル1-2

中身はこんな感じ。
まあ、どうしても、幼児向けのプリントって、小1分野の先取りみたいなところはありますね。

160326長男ドリル1-3

でも、こんな問題もあったり、切り絵の問題もあったり、なかなか面白いですよ。
この絵だって、季節を感じる絵がいっぱい。
そこから、おしゃべりしたって面白いでしょうしね。
「かざむきはどちら」というタイトルがついていますが、「風が強かったら(弱かったら)この絵はどんな風に変わるはず?」なんてクイズもできます。

160326長男ドリル1-4

別にこの問題集じゃなくてはいけない絶対的な理由はないかな。
でも、長男はこれが好きでね~。買った甲斐はあります!
長女もかわいらしい絵が好きみたいで、見ながらいろんなお話を作っては、時々へんちくりんな方へ進めちゃって、長男とギャハギャハ笑ってます。

もちろん、天才脳ドリルもやっていますよ。大好きで繰り返しやっています♪
「かーんたんだし!」とエラソーに言いながら(笑)
いやいや、お前さん、この前間違ってたじゃん!

でも、これもそのうち終わってしまいますよね~。
何をさせたらいいのかな~。
能力育成問題集 20 数と計算1 (ピグマリオン能力育成問題集*伊藤恭先生のPYGLIシリーズ)は味気ないものの少しやって、しばらくあいちゃったけど…でも、今の長男見てると、もうやらなくても大丈夫そうだし。
数と計算じゃなくて、他の単元をやらせてみようかな~。
長女は知恵分野の弱さで今も苦労することがあるから、やっぱり遊びとも勉強ともつかないような、パズル系とかをさせた方がいいのかしら。
何かオススメがあったらぜひ教えてください~!
我が家はこんな風に園児の学習をしているよ~なんてお話が聞けたら嬉しいです♪

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください