私が長女にわざとスマホでゲームをさせた訳 そして結果

先日書いた記事「語彙力不足の子供に悩む人へ 「本当の語彙力」がグングン伸びる本」に、紹介した本の著者である福嶋先生からコメントがっ!
すっごくビックリしました…。まとまりのない文章を見られたかと思うと恥ずかしい…。
(このブログは私の素を出して書いているので、おしゃべりするように綴っているものですから…。)

さて、今日は子供のゲームの話をば。
ツムツム画面を貼っていいか迷ったので、イメージとしてツムツムの本↑を(^-^;
皆さん、お子さんにはスマホやPC、DSなどでゲームをさせていますか?
私は自分が買ってもらえなかったのもあり、友達が遊んでいるのをただ見ていただけで、正直なところ面白さを知らずに大人になってしまいました。
ボードゲームなども一切我が家にはなかった(あ、トランプはあったかな?)ので、人生ゲームドンジャラ ドラえもんオフィシャルオセロだって、ぜーーーんぶ友達の家でさせてもらいました。

でも、今は幼稚園児でもDSを持っていますよね。

特に兄弟がいる子はDSデビューが早かったりします。
長女の周りは、性格的にも積極的で上に兄弟がいて、カードゲーム、ボードゲーム、そしてDSなどのゲーム機全て経験済みで、上手に楽しめる子たちばかりでした。
そうすると集まっていろんなゲームをすることも。
カードゲームやボードゲームはルールが長女にはわからない、でも友達も上手く説明できない…だから、長女は「やらない」。
(私もやったことがなく、わからなくてフォローできず。)
DSなんかは、貸してくれる子もいましたが、長女は初めて尽くしで固まるばかり。
結局、全てのゲームを「やらない」と拒否するように。

別にゲームはしなくてもいいんです。
いつもゲームして遊んでいるわけでもないです。近くの公園で外遊びも大好きな子たちです。
でも、友達がゲームをしたい気分の時、長女がいるとしにくくなってしまうんですよね。
とはいえ、友達がゲームをしている間、友達との接点がなく、ひとりで遊んでいる姿はちょっと気になる…

それに、当時「壊すのが怖いから」とテレビの電源ボタン以外の電子機器の操作を極端に嫌がっていたのも気がかりでした。
3つ下の長男の方がどんどん触ってみるので、操作を覚えていく一方で、いつまでも何もできない長女。
「できないからやらない」の余波がこんなところにも出ていたんですね。
これからは、電子機器をうまく使いこなしていくことも大事かと思っているのにさわりもしないって…。

また、長女はものすごくマイペース。
「時計の針が12になるまでには終わらせようね」と話したところで、まるで彼女には彼女の時計があるかのように、「急がなくてはいけない」「時間には限りがある」ということがどうもわかっていない…。
幼稚園の年長の時点では、時計を読むのはかなり怪しかったので、彼女独自の時間が流れていたと思います(^-^;

それで、私はスマホで、ディズニーのツムツムをさせたんです。
ツムツムは同じ種類の絵柄をつなげてまとめて消す…可愛いパズルゲーム。
ディズニー好き、可愛いもの好きな長女がゲームをするのにぴったりと思いました。
しかも、1回あたり、1分強で終わるのもGOOD。

いざ、させてみると、「ママのスマホで遊んでOKって言ったから大丈夫」という安心感からか楽しめるように。
かといって、ダラダラやるわけでもなく。
そこから、少しずつ慣れていって、入学直前の誕生日に長女がDSを熱望(!)したのでプレゼントしたら育成系ゲームにはまり、すごろくにハマり、UNOにハマり…と守備範囲を広げています
(DS欲しいと言われた時、まさか本体が2万円近くするなんて思わなくて、目ん玉飛び出るかと思いましたよ。)
今では、カードゲームもボードゲームもDSもお友達と遊べるようになりました。
全然弱いんですが、「私、だめだめじゃーーん!」と言いながらも、仲間に入れなくてイジイジするようなことはなく、勝てなくて悔しがるようになりましたね。

そして、面白いことに、時間の感覚が少しついたかも?
小学生になって時計が読めるようになってからは(読めるようになるまで2年かかりました(^-^;)、時間あてゲームをしていることがあります。
「今、〇時〇分だね。」と確認した後、しばらくすると「15分くらい経ったかな~。(時計を見て)惜しい~!1分違った!」とか「今は~多分△時△分?あ~、はずれか~(ショボン)」とか、ひとりごちておりまする(笑)

だからといって、キビキビ行動するようになったわけではぜーーーんぜんないんです、残念ながら。
でも、体感時間が私より正確でビックリ!
「ママ、もう◎時だけどいいの?」「え?うそ!マジで!(あたふたどたばた)」っていうやり取りが頻繁に。
最近はマイペースすぎて心配していた長女に「ママは本当にもうしょうがないんだから」と呆れられております…あちゃ~。
私がいかにずぼらママかを示すようなエピソードですね(苦笑)
まあ、いいです(^-^;
こういうことが続いたからか?ちょっと長女に自立心が出てきたんですよ。
「なんでも私がやらないとしかたない」みたいな。
棚ぼた的に私が望んでいた方向に長女が歩み始めています…。

今はどうかというと、我が家にタブレットが来たのもあり、そちらでもバブルウィッチとか妖怪ウォッチぷにぷにとかを長男も一緒になって楽しんでいますね。
年少長男がちょっとゲーマーとして開花しつつあるので、時間を決めて必ず守るよう、口を酸っぱくして言っています。

でもね、本音を言うと…私がどっぷりパズルゲームの面白さにハマっています
ゲームって何時間でもやりたくなりますね。でも、すっごく目が疲れる!
子供達と一緒に楽しんで、子供達と一緒に時間を決めて守り、うまーくゲームと付き合いたいと思います!
もちろんもちろん、課金ゼロですよ!

タブレットのゲームアプリで遊んでいると、長女のDSいらなかったのでは?…と思わなくもないです。
どうなんでしょうね~。DS買わなければ2万円浮いたのになぁ…。
長男にDS欲しいって言われたらどうしましょう…。

ゲームは娯楽。
それに振り回されさえしなければ、存分に楽しんでいいんじゃないかなって思うこの頃です。

  

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください